« 横輪いも | トップページ | あおさ、美味し~い (^-^) »

2010年1月27日 (水)

Invitation ~ 絵本原画の世界へ

伊勢屋主人です。

実は、主人宅にはかなりの数の絵本があります。そう、子供たちが小さかった時に、読み聞かせのために買ったものです。
どれもこれも、もうかなり傷んでいて、背表紙が取れかかっていたりするのもあるくらい。

でも、こういう絵本をなかなか捨てる気にはなれないのは、主人だけではないはず、と思います。
子供たちが小さかった頃の思い出、というのもあります。でも、それだけではありません。
主人は時々、これらの絵本を開いて眺めることがあるのです。
そうした時に常に思うのは、「文章もいいけど、絵もいいよなぁ」ということです。
子供も、もちろん楽しく絵本を読むでしょう。でも、大人にとっても魅力のある絵本って、たくさんありますよね。

そういう絵本を創り出すおひとりが、服部美法さんです。
彼女の作品『もりの ちいさな はいしゃさん』『やくそくの おはなみ』をすでにご覧になられた方も多いことと思います。

主人にとっての服部さんの絵の魅力とは、まずすべてがやさしい絵であること、次に描く対象を深く観察し抜いていらっしゃることです。
例えば、『もりの ちいさな はいしゃさん』には、ねずみのはいしゃさんが登場します。
このはいしゃさんを描くために本物のねずみを飼い、その様子をつぶさに見ながら絵をおこされたというエピソードなどは、服部さんの絵に対する真摯なお考えの表れだと思うのです。

10012801

その、服部さんの絵本原画を拝見できる機会が、来週にあります。
2月4日(木)から7日(日)の日程で、三重県立美術館 県民ギャラリーにおいて、『もりの ちいさな はいしゃさん』『やくそくの おはなみ』の原画が展示されます。
やさしく、かつ精緻な服部ワールドを、この機会に多くの方にご覧いただきたい、と思う伊勢屋主人の、2010年初のイチオシでございます (^o^)b
ぜひぜひ、近くの方も遠くの方も、三重県立美術館に足をお運びくださいませ。服部ワールドの奥深さに、必ずや驚かれることと思いますよ~。

今回は服部さんに加えて、『おかあさん きいて きいて』を描かれた伊藤香奈さん、『のはらの ちいさないえ』『さんぽ さんぽ さんぽ』を描かれた小林研三さんの作品も同時に展示されますので、さらに見ごたえ十分だと思います。

さらにもう一つ、6日(土)午後2時からは、『もりの ちいさな はいしゃさん』の作者のお二人、服部美法さん・上平川侑里さんによる読み聞かせの会もありますので、これも見逃せないですね~。

お子様とご一緒もよし、大人同士でゆっくりと鑑賞するもよし、いろいろな楽しみ方が出来る絵本原画展、伊勢屋主人からのInvitationで~す。

【三重県立美術館】
〒514-0007
津市大谷町11
でんわ:059-227-2100(総務課)
ホームページ:http://www.pref.mie.jp/bijutsu/hp/

|

« 横輪いも | トップページ | あおさ、美味し~い (^-^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/33148554

この記事へのトラックバック一覧です: Invitation ~ 絵本原画の世界へ:

« 横輪いも | トップページ | あおさ、美味し~い (^-^) »