« 2010年のデコタン、出荷開始! | トップページ | 横輪いも »

2010年1月19日 (火)

旬の味、第二弾! (^o^)/

伊勢屋主人です。

本日もまた、e-伊勢屋ネタです。
まあ、あまりないことなので、お許しを (^-^;

南伊勢町の干物クリエイター 『山眞』の山下さんから、秋刀魚(さんま)の丸干しの出荷がスタートしたとの連絡をいただきました。
この秋刀魚の丸干し、南伊勢から東紀州にかけて多く作られている、郷土料理であり旬の味なのです。

秋には三陸沖にいる秋刀魚ですが、黒潮に乗って南下し、冬には熊野灘近辺で盛んに水揚げされます。
三陸沖ではたっぷりと脂が乗っていた秋刀魚ですが、熊野灘まで回遊してくると旅の途中で消費するのでしょう、脂がやや抜けてあっさりめの味になっています。
ですので、これを焼き魚にしてもさほど美味しくはないのですが、そこはそれ、料理方法で味はがらりと変わるのです。

そのひとつの料理方法が、丸干しというわけ (^-^)v

Sanma03

秋刀魚の丸干しには、早朝に獲れた秋刀魚を使います。
秋刀魚は明るくなってからでないと餌を獲らないため、この時間に獲った秋刀魚は腹に余計なものが入っておらず、干物に仕上げた時の味が格段に違うんですって。

『山眞』さんでは、秋刀魚一尾一尾 文字通り手塩にかけて、その様子を見ながら手で塩をすり込みます。
一晩塩をつけ込んだその後は、水洗いをして余計な塩分と臭みを除いて、最後に冬の海風による寒ざらしで丸干しに仕上げていきます。

丸干しは、こんな風に頭を下にして、海からの寒風にさらして干します。頭を下にすることで、余計な脂などを外に出し、風が身を締めることで旨味が凝縮されていきます。

こうして出来上がった秋刀魚の丸干し、なんとも美味しいものなんですね。魚の旨味が本当にぎゅっと詰まっているというより他に言いようがなく、炭火で焼いた脂が垂れて真っ黒こげになったような秋刀魚もいいものですが、この丸干しの秋刀魚は それとはまた別モノの味です。

冬のこの時期は、烏賊(いか)やかますも美味しくなっていますので、干物クリエイター『山眞』の作品を、この秋刀魚の丸干しと一緒に楽しまれてはいかがでしょうか?

e-伊勢屋へは、こちら からどうぞ。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております <(_ _)>

 

|

« 2010年のデコタン、出荷開始! | トップページ | 横輪いも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/33040755

この記事へのトラックバック一覧です: 旬の味、第二弾! (^o^)/:

« 2010年のデコタン、出荷開始! | トップページ | 横輪いも »