« 大橋 歩展 | トップページ | 山茶花としもやけ »

2009年11月30日 (月)

ついに来た。。。

伊勢屋主人です。

昨今、新型インフルエンザの話題がニュースにならない日はありませんね。冬が近くなり、その猛威はますますエスカレートしています。
たかが風邪だろ?とたかをくくっていた主人も、最近では手洗いとうがいをかなり念入りに行っております。だって、こんなんで死にたくないもん (>_<)

主人宅の子供たちが通っている学校でも、「誰それが、今日は休みだった」「どこそこのクラスは、学級閉鎖になった」という話しがしょっちゅうであります。挙句の果ては、学校閉鎖という事態も数回。。。
そんなj環境の中、拙宅の子供たちは付き合いがいいので、「いつインフルエンザを持ってくるか?」とびくびくしていた主人なのですが、案に相違して皆元気。

 

はい、先週までは (^_^;;

 

先週の木曜日のこと、小学生の長男が学校から帰ってくるなり「体がだるい」と言って床に丸まってしまいました。
おやおやと熱を測ると、37度と少し。いやな予感がした主人と奥方は、顔を見合わせながら、とりあえず長男を寝かしつけました。
すると、夜の8時には38度に体温は上昇。「これはもしかしたら!」と思いましたが、発熱してすぐに病院に連れて行っても細菌の検出が出来ないと聞いていたので、翌日まで様子を見ることにいたしました。

で、翌日。朝に測った体温は、38.9度。まあ、よくこんなに上がったものだ。さすがに、長男はぐったりと萎れております。
病院には奥方が連れて行き、めでたく「新型インフルエンザ」と診断されました。

いやあ、ついに来たか、新型インフルエンザ。
早速、緊急配備 (~-~)b

1)長男は隔離。
2)病室の出入りに際しては、絶対マスク着用。
3)病室に出入りした後は、必ず手洗い+消毒液で手を消毒。
4)1時間に1回、うがいを実施。

おかげさまで、長男以降 患者は今のところ出ておりません。
さらに、長男も病院でもらった薬が効いたらしく、土曜日には熱も平熱に下がり、今は元気にウロウロしております。
でも、熱が平熱に下がってから3日後でないと、学校には行けないんですって。

ところでビックリしたのは、新型インフルエンザ用の薬。
タミフルをもらってくるのかとおもったら、リレンザというものを処方されてきました。

09113001

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、このリレンザ、すごいんですよね~。
何がすごいって、薬という概念を完全に覆してくれています。いやいや、まさしく インフルエンザリボルバーですわ(笑)

このブルーのキャップを外すと、こんな中味が出現します ↓

09113002

右下の丸い4つのふくらみが付いているディスクのようなものが、薬=リレンザの本体です。
これを吸入器にセットして、本体のレバーで穴を開けて吸入口から薬を吸い込むという仕組み。1ディスクで4回、吸入できます。
吸入口を手前に引っ張るとディスクが回り次の薬をセットしてくれるので、レバーでまた穴を開けて吸うという、ホント回転弾倉を持った拳銃のような代物!

なんか、スッゲー (@_@)

粉薬とか糖衣錠とかが馴染み深い主人にとっては、これは薬という範疇の代物ではなく、妙にハイテクなモノに見えてしまいます(笑)
薬も、時代を反映して形が変わっていくものなのですねえ。いや、驚いた。

さて、今日は元気にしていた長男。
明日は学校に行ってはいけないの?と奥方にしつこく聞いておりましたが、昼過ぎに学校から、明日明後日と学校閉鎖が決定したとの連絡が入りました。
何でも、全校生徒の2/3以上が、新型インフルエンザでダウンしているらしい。

先生曰く、明々後日に授業を再開しても、今日ダウンした子たちが登校するのは最短でも4日後でしょうから、今週一杯は授業にならないでしょうですって。
う~ん、思わぬ長期休暇になったなぁ、長男坊主 (^o^)

「え~、明日も明後日も学校に行けないんだ!」と言いながらなぜか明るい長男に、「そうかそうか、では長い間勉強をしないと寂しくなるだろうから、特別にお父さんとお母さんが二人がかりでキミの勉強を見てあげよう」と言いましたら、さっと硬い表情になって「いやだ、、、」だって(爆)

|

« 大橋 歩展 | トップページ | 山茶花としもやけ »

コメント

ご長男さん、もうお元気になられましたか?
我が家の子どもたちは流行の先取りが得意なようで、9月末と10月上旬に既に罹患済みです。(涙)
散々、咳を浴びまくったはずの両親は何故か現在まで元気なまま。

ところでリレンザの本名が「ザナミビル」ってご存知でしたか?(「ザトウムシ」とか「ヤマビル」の仲間みたいです。eye)薬品に興味を持っている拙宅の長女が調べていました。従来の薬のような飲用では体内への吸収率が2%なんですって!なので、吸入という、ややこしい形式を取っているんだそうです。

投稿: 川崎の住人 | 2009年12月 4日 (金) 19時59分

川崎の住人様、いらっしゃいませ!
お久しぶりでございます <(_ _)>

こちらの長男坊主は、一度熱が下がって油断していたら、また熱が上がって結局5日間ほどぶらぶらしておりました。
今は、元気に学校に行っております。ご心配いただき、ありがとうございます。

そちらのお子様も、すでに免疫があるのですね。
いつも付き合いがよく、すぐに風邪をもらう主人は、今回はなぜか罹患しませんでした。おかしいなぁ。。。
お互い、親は強いのでしょうか(苦笑)

リレンザ、ヤマビルに関係があるのでしょうか?
以前ヤツに襲われた経験のある主人としては、ちょっとびっくりです。
まさか、ヤツを黒焼きにして粉末にしたものを混ぜてあるとか(滝汗)
そのあたり、さらに詳しくお嬢様に調べていただきたいなぁ~ (^^)

投稿: 伊勢屋主人 | 2009年12月 9日 (水) 15時17分

ザトウムシとヤマビルの話は冗談ですよ~happy01

体内への吸収率に関しては、結構長い専門用語がありまして(生体なんたらかんたらとか言う)それを最大限有効にする方法が今のリレンザの吸入キット・ディスクへラーという形になったらしいですよ。

ご長男さん、少し長引きましたね。でも今はお元気とのことで何よりです。

投稿: 川崎の住人 | 2009年12月 9日 (水) 22時15分

え、ヤマビルの話は冗談なんですか?
本気でいたんですけど (-_-)
本当でしたら、どういう関係があるかを大いにツッコみたいところでした(笑)

投稿: 伊勢屋主人 | 2009年12月14日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/32426946

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来た。。。:

« 大橋 歩展 | トップページ | 山茶花としもやけ »