« 広島 | トップページ | はじめて訪れた海岸 »

2009年9月 3日 (木)

今年はちょっと遅い稲刈り

伊勢屋主人です。

9月に入って、学校も始まりました。
急に家の中が静かになって、ほっとした一方で 少し寂しく思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

主人は思うのですけれど、こんなに秋を早く感じる年は 三重に来て初めて!
9月の初旬はいつも、「まだまだ夏だぞ!」光線をお日様が振りまき、いつまでこんなに暑いんだよ~と思いながら暮らしているものでしたが、今朝なんぞは思わず身震いするほど涼しい朝でありました。
これも、今年の天候異変のひとつの現れなのでしょうか???

聞くところによりますと、今年の稲の作柄は全国的にはあまり芳しくない様子。
6月からこっち 日照が少なかったですから、ある程度予想された結果とはいえ、東北地方の米どころの状態はいかがなのでしょうか。

09090201

一方、こちら三重県はといいますと、主人の見るところ(まったくあてにはなりませんが - 笑)そこそこの出来のようです。
主人の家の前の田んぼも、このように稲穂が垂れております。

09090202

例年ならば、ここらでは8月のお盆の頃から刈り取りが始まるのですが、今年はやはり遅くなっていまして、先週からあちこちで刈り取りが本格的になってきました。

昨今はほとんどの農家さんがコンバインをお使いで、一束一束手で刈り取るという風景はもはや見ることが出来ません。

09090203

ところで このコンバインってスグレモノで、こうして刈り取ったあと、すぐに脱穀もするんですね。
ある程度刈り取ると、コンバインの横に軽トラックが来て、籾にされた米を集めて回っています。

う~ん、やっぱり省力化が進んでいるんですねえ (@_@)

09090204

こうして稲刈りが始まると、これも毎度の光景ですが、いろんな鳥たちがさぁ~っと集まってきます。
ここにいるのはシラサギですが、これ以外にもカラスやハト、ムクドリといった大小さまざまな鳥たちが、稲刈りが進む田んぼの中を闊歩しています。

やっぱり、稲刈りのあとだと虫を捕まえやすいのでしょうかね?
主人のカメラのレンズでは、どんな虫を彼らが捕らえているのかまでは、見ることが出来ないのが残念です (T_T)

09090205

さてさて、小一時間ほどで、稲刈りは完了。あの青々とした田んぼは、さっぱりとしてしまいました。

来年の4月頃まで、田んぼはこの状態です。これからはだんだんと寒くなる一方だし、この風景は少し寂しいなあ。
しばらくはにぎやかな秋の虫たちも、今月を過ぎるとめっきりその声を聞くこともなくなるでしょう。
それを思うと、寂寥の思いはますます募ってきます。

こんな気持ちになるのも、今年の夏が不完全燃焼だったせいでしょうか。そういえば、子供たちが「今年は海に行かなかったね」と夏休みの最後の日に、ぽつりと言っていましたっけ。

まあ、いつまでもそんなことを思っていても仕方がないので、さっさと気持ちを切り替えて、ストーブを焚く準備をすることにしましょう (^o^)

|

« 広島 | トップページ | はじめて訪れた海岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/31215266

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はちょっと遅い稲刈り:

« 広島 | トップページ | はじめて訪れた海岸 »