« 日蝕 | トップページ | みかん蜜 »

2009年7月31日 (金)

これぞ、江戸の名物 (^-^)

伊勢屋主人です。

今日も一日、ど~んよりとした日和に恵まれました (?) 三重県中部地方でございます。
いえね、暑がりの主人としては、冷夏の方が個人的にはありがたいのですけれども、農作物とか魚の水揚げとかを考えると、「これって、ちとヤバくない?」とにわかに心配になる、今日この頃なのであります (-_-;;

さて、先日のことですが、所用がありまして遠路はるばる東京まで行ってまいりましたよ。

09073001

例によって、東京まではクルマでの移動であります。
主人にとってなにがいやかって、電車に温和しく乗っていること以上にいやなことってないのです。
退屈だしお尻はいたくなるし、あげくのはては足もしびれてくるし。
いっつもやむを得ず東京に新幹線で行く時は、「あ~あ (>_<) 」という気分であります。

変わってる!?

クルマで行く方が時間はかかりますが、それも倍も時間を食うというわけでもありませんし、途中の風景も楽しめますし (^-^)v

やっぱり、変わってる!?

09073002

このところ東京に行くたびに思うのですが、首都高速が異様にガラ空きなのですね。
この日は、お昼過ぎに用賀から渋谷、神田まで抜けたのですが、車が徐行をする場面すら皆無。

主人が東京に居た頃は、この時間の首都高速は用賀から谷町まで「渋滞7km」なんていうのがお定まりでしたので、この変化はいったい何事か? と思ってしまいます。

09073003

で、時間に余裕があったら、お台場で1/1ガンダムでも見たいところでしたが、結局それも出来ず。
というわけで、訪問先に近い「神田明神」に立ち寄ることにしました。

神田明神と言えば、銭形平次!なんていうのは、今時ではありませんようで(汗...)
ま、主人も銭形平次の追っかけをするつもりはさらさらなく、時間も押していたものですから、明神様にもお参りすることもなく、不信心のバチアタリでございます (-_-;;

09073004

主人のお目当ては、神田明神門前の「天野屋」さんです。
こちらは江戸時代から続く老舗でして、甘酒、たくあん、納豆が昔っからの名物。
以前は、主人もよく買い物に訪れたものでありました。

09073005

で、今回のお土産は当然ながら、たくあんと納豆でございます。
特に、この柴崎納豆は豆の粒がとっても大きいのが特徴。
で、それを包丁で叩いて引き割りにして、ネギの小口に切ったのや卵の黄身、鰹節、からしを混ぜて、醤油でシンプルに味付けしたものは、大豆の旨味がしみじみと味わえて、本当に美味しいのです

*納豆を叩くときの包丁は、出刃包丁か中華包丁がオススメ!
叩いていくと納豆が粘りを増して、やたら力が要ります。。。

もはやネイティブ三重県民になっている子供たちにも、柴崎納豆とたくあんは大好評。
納豆は「豆の味が濃いね~」、たくあんは「伊勢たくあんとはまた違った、キレのいい味だよ」とまあ、かしましいこと (^o^)

ちょっと気になってググッてみたら、天野屋さんのオンラインショップもありましたが、わざわざここまで行って買うというのも、またオツなものであります。
次回に行くときは、もっと時間の余裕を作っておき、ぜひお店の腰掛に座って甘酒をいただいてみたい、主人なのであります。

【天野屋】
〒101-0021
東京都千代田区外神田2-18-15
でんわ:
03-3251-7911

ホームページ : http://www.amanoya.jp/

|

« 日蝕 | トップページ | みかん蜜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/30777086

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、江戸の名物 (^-^):

« 日蝕 | トップページ | みかん蜜 »