« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

ベビースターラーメン

伊勢屋主人です。

先日のことですが、ちと用事があって某スーパーマーケットのお菓子売り場を徘徊しておりました (^o^)
ま、徘徊とはいってもちゃんとした目的があってのことでして、しかもその原因はまた別に存在するのですが。。。

それはさておき、その徘徊の折に目に付いたものが、コレ!
ベービースターラーメン(爆)

09062801

「なんだ、ベビースターラーメンか」と思われた、そこのアナタ! よ~くご覧になってください。
今のパッケージと違うでしょう?

これは、ベビースターラーメン発売50周年記念の「昔のパッケージ復刻版」なんです。

え~、ベビースターラーメンって発売してから50年も経っているんだぁ。ちょっとびっくりしちゃいましたよ。
50年も続いているなんて、立派なロングライフ商品じゃないですか。
でも、考えてみれば、それくらいは経っているんだろうな。
なにせ、小学生の頃には、近所の駄菓子屋さんでこれを買って食べた記憶がある主人であります。
さらに、高校生の時にもお世話になって(笑)

主人が高校3年生の時、通っていた高校内で、にわかに「ベビースターラーメン ブーム」が発生しました。
子供の頃にベビースターラーメンを食べた経験を持つ連中(主人のようなヤツらですな)が、学校の近くの駄菓子屋さんで売っているそれを発見して、懐かしがって学校内に持ち込んだのが事の始まり。
それを見て興奮した 主人を含む悪童たちは、帰りがけにその店に寄って、必ず2袋を買って帰るようになりました。
で、1袋は翌日の3時間目の休み時間に早や弁代わりに食べ、もう1袋は下校時に手に持ってつまみながら帰る、という習慣が、ここに確立されたわけです (^o^)

当時は、「こんな駄菓子が、まだ残っていたんだね」と、本当に驚いたものです。
主人が小学生の頃は、確か1袋10円ではなかったでしょうか。で、高校生の時は50円だったはず。
小学生の子供たちにとって、「ベビースターラーメンって、インスタントラーメンのくずを集めたものだよね。チキンだから、日清のチキンラーメンのくずだよね」というのが常識でありましたから、そのようなもの(失礼!)が高校生になった10年後にもまだ存在するなんて と、びっくりしたわけです。

それが、さらに30余年後にも存在して、発売50周年記念のパッケージが出るなんて、ねえ。
いやはや、「すげえ!」のひとことです。

当時の社名は、確か「松田製菓株式会社」ではなかったかしら。
今は「おやつカンパニー」、売上高170億円(07年実績)の堂々たる企業です。
高校生の当時は知る由もありませんでしたが、なんと三重県が本社所在地。
う~ん、これも縁があったと言うべきなのでしょうか???

主人の子供たちは、全員「おやつカンパニー」に工場見学に行っています。
帰ってきたところで「どうだった?」と感想を聞くと、「とっても面白かった」と言うんですよね。
しかも、たっぷり「ベビースターラーメン」をお土産にいただいてきて!

そんなことを思い出しながら、主人も工場の様子を覗いてみたいなあと、この50周年記念パッケージを見ながら思ってしまいました(笑) 
   

■(株)おやつカンパニー ホームページ:http://www.oyatsu.co.jp/

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

不意のお客様

伊勢屋主人です。

このところ、不安定な天気が続く、三重県中部地方でございます。
今日も、朝方は夜来の雨がしとしとと降り続いており、ちょっと肌寒いくらいの気温。
午前中、お客様のところで打合せ予定でしたので、長袖のYシャツを着ていったのですが、10時を過ぎる頃から妙に温度が高くなってきて、いやいや往生しました。
みなさまも、この時期体調を崩される場合も多いので、どうぞお体に気を配ってくださいませ。

そういえば、新型インフルエンザはどうなっているのかしらん。
主人が住んでいる三重県中部地方では、誰もが普段 普通にマスクなしで歩いておられますが。
とか書いていたら、名古屋の愛知大学が新型インフルエンザのために3日間臨時休校するとのニュースが入ってきました。
う~ん、やっぱり油断してはいけないのだな。。。

さて話題は変わって、このところ主人宅には夏ならではのお客様が多くいらっしゃっています。

09062201

先日の朝、のんびりと庭で植木の様子を見ていたら、ぷ~んとすごい勢いで飛んでくる甲虫を発見。
きらりとメタリックに輝くその姿は、タマムシさんではないですか! 
おお、一年ぶりの再会です(同じタマムシではないでしょうけど)

去年、拙宅に立ち寄ってくれたタマムシさんはメスでしたが、今回はオスのようです。
やっぱり、裏庭に転がしてある、古くなったコナラの樹に惹かれてやってくるのでしょうか。

09062202

というわけで、ちょっとお立ち寄りを願いました (^o^)

うん、いつ見てもキレイですねえ、この虫は。
やっぱり不思議なんですけど、どうしてタマムシはこんな派手な色をまとうことにしたのですかねえ。
鳥から見たら目立って狙われやすいだろうし、人様も「キレイ!」と言って捕まえたくなっちゃいますから。
法隆寺の玉虫厨子も、タマムシがこんな色ではなくカブトムシのような色でしたら、作られることもなかった、と思いません?

はて、これも主人にとっては、自然界の不思議のひとつです。

09062204

次のお客様は、こちら。ゲンジボタルさんです。
この方は、かなり弱って拙宅の玄関前にいらっしゃいました。
触角もひとつなくなっていて、かなりつらそう。。。

09062205

今年、主人宅の周囲はホタルが例年になく多く見ることができました。
そして、大きな変化はゲンジボタルが多くなったこと。昨年まではヘイケボタルが主流だったのですが、用水の水質改善が進んだのでしょうか。
来年以降の様子が、また楽しみになってきました。

あ、このホタルさんは、草叢までお送りしてきましたよ。

09062206

こちらは、番外のお客様。。。
薪ストーブの灰を始末したら、その中から出ていらっしゃいました。
かなり大型のスズメバチさんです (*o*)
体が白っぽいのは、ストーブの灰が全身にくっついているから。
よく見ると、お尻から針がちょこんと出ていました(汗...)

いやあ、どこから入ったんでしょうねえ。こうして姿が残っているということは、ストーブ使用中に紛れ込んだのではなさそうですが、正直お迎えしたいお客様ではありませんなぁ。

でも、刺される心配がないので、じっくりとスズメバチを観察できましたよ。
こんな姿になってもつやつやと輝いている目が、ちょっと不気味でしたね~ (^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »