« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月21日 (火)

伊勢志摩を駆け抜けた名車たち

伊勢屋主人です。

実は、主人は昨日、一昨日と大興奮モノでした (^o^)
『ラ・フェスタ プリマヴェラ2009』というクラシックカーのイベントが開催され、その参加車がこの二日間 伊勢志摩を駆け抜けていったのです!

09042101

このイベント、ともかく走行距離が長いんです。

大阪梅田を出発し滋賀県 信楽を経て、三重に入ります。
三重では、津~南伊勢~志摩~鳥羽~伊勢~玉城~松阪~名張~伊賀~鈴鹿と経由していくのですが、さらに奈良、滋賀、京都、もう一度奈良を経由して大阪に帰りつくという 全走行距離が1,500km以上という壮大なイベント。

しかも、参加するのは 最も古いものは1920年代、最も新しいものでも1972年という、まさにクラシックカー。
しかも、それぞれに名の知れたスポーツカーばかりという、クルマ好きだったら、絶対に見逃せないイベント!

というわけで、主人は2回 見に行っちゃいました (^o^;;

まずは、一日目。
この日、大阪を朝7時に出発したご一行は、夕方5時前に南伊勢町の町民文化センター前に到着!

09042001

一番乗りは、ブガッティT37A。1926年製のフランスのクルマです。
ブガッティといえば、当時のグランプリにも出場していたクルマで、今で言えばF-1にあたりますな。

ということは、公道でF-1を走らせている!?

09042002

こちらも同じくブガッティですが、T35Cというクルマ。年式は1929年と、こちらも1920年代です。
う~ん、90年も前のクルマが現役で走っているって、ものすごいことですよね。

09042004

この日の南伊勢町の歓迎は、炭火で焼いた緋扇貝とセミノールのジュース。遠来の方々にも、好評であったようです。
さらに、たくさん集まってくれたギャラリーの暖かい拍手に、ドライバーとクルーも笑顔で応えていましたよ (^-^)

09042006

09042007

09042008

いやあ、ひとくちにスポーツカーといっても、様々なカタチがありますね。
この3台は、上から ロータスMK17(1959:イギリス)、フィアット ロンバルド1100S(1955:イタリア)、MG-TF(1953:イギリス)です。

主人は、いちばん下のMG-TFが大のお気に入りですけど、真ん中のフィアットもいいなあ。
イタリアのクルマは、やっぱりスタイルがいいですね~ (^o^)

09042010

はい、ここで真打登場! クラシックカーイベントには常連の、堺正章さんが到着されました (^O^)/
今日は、マセラッティ200SI(1957:イタリア)での参加です。

ギャラリーの声援は、もう最高潮に!!
堺さんも、とってもいい笑顔で、応えてくれていました。

09042102

こちらは、二日目の玉城町での画像。
コーナーに入ってくるのは、ブガッティT37A。
道路で撮影していると、本当に迫力たっぷり。

う~ん、やっぱりブガッティ。
いい音してるよなあ (*_*)

09042103

こちらも、ブガッティ。例のT35Cです。
いやあ、現代の自動車とは別物としか思えない、繊細なデザインですねえ。

09042104

こうして道端で撮影をしていると、主人に手を振ってくださるドライバーがとても多かったんです。ありがとうございました。

でも、主人は撮影に必死で、手を振る余裕がない!
主人が今使っているカメラはとっても重たくて、片手では支えきれないのです。
手を振ってくださったみなさま、大変失礼をいたしました <(_ _)>

09042106

この黒いクルマは、MGA(1986:イギリス)で、ドライバーは東儀秀樹さん。そう、あの有名な和楽器演奏家です。
和楽器とクラシックカー・レース。いまいち合わないような、でもクラシックという面では合うような(笑)

東儀さんも、表情を拝見するとリラックスされているようで、このイベントを心から楽しんでいらっしゃるようでした。

09042108

こんな風に、沢山のスポーツカーが道を走ってくると、まるで50年くらい時計の針を巻き戻したような気がしてきます。

この当時、これらのスポーツカーを走らせることが出来たのは、どんな方々だったのでしょうね。
最初のオーナーから何代かのオーナーの手を経て、今も生き残って当時の姿のまま元気に走っているクルマたちを見ると、それぞれのオーナーの情熱の賜物であるという気持ちが強くしてきます。

09042109

クルマが生まれて100年以上が経ち、その間無数のクルマが生まれては消え去っていきました。
しかしそれらの中にも、今もこうして「走る文化財」として大事に保存されているクルマたちが多くいます。

こういうイベントを通じて、この文化遺産であり産業遺産でもあるクラシックカーを多くの方々に見ていただき、そのカタチや音を体感していただくのは、とても意味のあること、と主人は思います。
特に、現代の車しか知らない子供たちが「昔のクルマって、こんな音と匂いがしたんだ」とか「90年前のクルマでも、こんなに早く走れるんだ」と驚きをもって眺めるとともに実際に感じて、現代の車の姿と見比べてその進歩に触れて欲しいものです。
その意味でも、今年始まったこのイベントが長く続いて欲しいなあ、と主人は願っています。

『ラ・フェスタ プリマヴェラ2009』のゴールは、本日の午後5時。もうすぐです。全ての参加車が、無事大阪まで帰り着きますように。

そしてまた、来年同じ道で再会したい、いや出来れば一緒に走りたい(!)と強く思う主人であります (^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

獲ったぜい!v(^o^)v

伊勢屋主人です。

本日も、好天に恵まれた三重県中部であります。
Tシャツ一枚でちょうどいいくらいの、初夏といってもおかしくな陽気。いやいや、水遊びがしたくなるくらいでございます (^o^)
で、本日は大潮。
さらに、本日の干潮は午後一時。

ここまで条件が整えば、これはやっぱり潮干狩りでしょう! 
何があっても、ここは潮干狩りでしょう!!

というわけで、本日は一家打ち揃って潮干狩りに出動した主人一家でございます(爆)

09041201

今年二回目の潮干狩りは、前回とちょびっとロケーションを変えて、某川河口へと行くことにしました。
到着したのは十時半頃なのですが、すでにかなりの人手が (*o*)

09041202

主人一家がおもむくのと別の方角を見ると、素人衆に加え玄人衆も、すでに船にて合戦中の様子。あらまぁ、なんともすごい人出でございます。

09041203

堤防の上も、クルマ クルマ またクルマの大行列。。。
ちょっと遅く来られた方々は、「え”~!?」という絶叫を発っしておられました(笑)

いやぁ~、潮干狩りってこんなに人気のあるものだったのですねえ。
まあ、そうか。この時期のアサリときたら、やっぱり美味しいですからね。
少し体を使って、楽しみながらアサリを取れるとなれば、人が集まるのは当然ですよね。

09041204

今日は海風は少し涼しかったものの、そこそこの陽射しがあったので、さほど寒い思いもせず、自然の中での採取活動を思いっきり楽しみました。

今まで、毎年潮干狩りに行きたいなと思いつつ、「はて、どこに行ったらそんなことができるのだろう?」と思い、なかなか腰の上がらなかった主人であります。
しかし、思いがけなく全くの近場で潮干狩りを楽しむことができることがわかり、にわかに潮干狩熱が上がり始めています(苦笑)。

09041205

この方が使っているのは、プロ用の道具である鋤簾(じょれん)。
貝を砂ごとすくって、後は水の中で洗って残った貝を取ります。
熊手で地味めにホジホジしていた主人としては、コレくらいのプロっぽい道具を持参して次回は参戦したいものだと思います (^o^)/

で、こちらが本日の戦果。

09041206

望外であったのが、しじみが多く取れたこと。
汽水域の河口に行ったのが、よかったのでしょう。
しじみは、市販パックの3袋分くらいが取れました ⇒ ¥300×3=¥900くらいの成果!

さらにアサリは、そこそこいい形のものがバケツ1/2くらい (^o^)v
多分、市販パック20袋分くらいはあるのではないでしょうか?
⇒ \300×20 = \6,000?

09041207

前回の潮干狩からひと月くらいが経って、アサリの形は全般に大きめ。
厚みも増していて、これはさぞ美味しいだろうなあと思える形です。
うふ、明日はどんなメニューにしましょうか。

先日掘ってきたタケノコと合わせて、「アサリとタケノコの炊き込みご飯」なんていうのも、美味しそう~!
また、定番ではありますが、アサリの酒蒸しも無視は出来ないメニューであります。

う~ん、悩むぅ。。。

09041208

しじみも、かなり大粒のものが取れまして、これは素直にしじみ汁になっていただきましょう。
しじみは目にもいいようだし、なんといっても地元産の天然しじみですから、どんな味なのかこちらも楽しみです。

と、かなりの成果を上げた本日の潮干狩ですが、代償もきっちりあります。
ふくらはぎ、腰、右腕にすでに筋肉痛が (^-^;;
うう、明日まともに動けるのだろうかぁ~???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

田丸城址の桜

伊勢屋主人です。

この一週間は、良い天気に恵まれました三重県中部地方でございます。気温もぐんぐん上がって、昨日なぞは春というよりは初夏に近い感じ (*o*)

先日は伊勢市の宮川堤に桜を見に行ってきた主人ですが、家の窓から見る山の中腹には、山桜があちこちで咲いております。
満開のこの機を逃してなるものかと、この好天の下プチお花見に行ってまいりましたよ。
だって、前回の宮川堤の時は曇り空で、桜をイマイチ楽しめなかっただもん (>_<)

09041001

訪れた先は、これも近場の田丸城址。玉城町の中心部にある、石垣がたいそう立派な城跡です。

09041002

この田丸城は由緒のあるお城で、そもそもは南北朝時代に作られたお城。
それを、織田信長の息子である織田信雄が手を入れて大規模にし、江戸時代には紀州徳川家の管轄にあったのだそうです。
城址内には、ご覧のような石垣や空堀もあり、当時の様子を偲ばせてくれます。

それにしても、この田丸城といい松阪城といい、明治維新時に打ち壊されたお城。
今思えば、なんともったいないことをしてくれたのでしょうね。
その当時はあちこちにそびえるお城は「当たり前」のもので、文化財と見ることが出来なかったのでしょうが、明治維新時に姿を消した文化財は城郭や仏像など多数にのぼります。
これを考えると、明治維新が文化大革命であったこと、それとこの種の革命が後年から見れば愚かしい負の部分も併せ持つことを、いやでも感じざるを得ません。

09041003

城址をてっぺんまで登ると、こんなかわいい天主台があります。
一辺は15mほどでしょうか。小さな小さな天主台です。
これを基礎とすると、この上に立てられた天守閣は、さほど大きなものではなかったでしょうな。

いまは、この通りに市民の格好の散歩コースになっています。

09041004

やっぱり、天気のいい日は桜もきれい!
青空をバックに、満開のソメイヨシノを堪能しました (^o^)

09041006

この田丸城址には、大手門から天主台への登り道、空堀周辺、石垣周辺にと多くの桜が植えられており、満開の桜越しに遠く飯南の山を望むことも出来ます。

いやいや、絶景!

09041007

玉城町立玉城中学校は、田丸城址の天主台下に位置しています。
主人が城址を訪れたのは、放課後のクラブ活動の時間帯に当っておりました。

城址のアップダウンの道で、野球部の部員たちがランニングをこなしていたのですが、すれ違う時に「こんにちは!」と声をかけてくれる様が、とても爽やかでした (^-^)

09041008

今も残るお堀には、アヒルが遊んでいて、これもなかなか可愛らしい(^-^)
このお堀にはハスが植えられているようで、夏にその花を目当てにまた訪れることにしましょう。

楽しみがまた一つ、増えました(ニコッ)

【田丸城址】
三重県度会郡玉城町田丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

宮川堤の桜

伊勢屋主人です。

暦では春本番の今日この頃ですが、みなさまにおかれてはいかがお過ごしでしょうか。

でも、この週末はかなり冷え込みましたねえ。とても4月とは思えないくらい、冷え冷えとした陽気でした。
そんな中、伊勢市の宮川堤の桜が満開に近いということで、ちょっと悲しい曇り空の中を出掛けてまいりましたよ。

09040501

伊勢市中を流れる宮川にかかる度会橋(わたらいばし) を中心に、上流・下流の双方の土手には数多くの桜が植えられており、伊勢志摩近辺では有数の桜の名所となっております。

あまり桜の種類には詳しくない主人でありますが、ここではソメイヨシノを初めとしてヤエザクラ、ヤマザクラ、ヨコワザクラなどまでは、見分けることが出来ます(笑)

09040502

ここの桜はかなりの大木もあるのですが、植えられてからどれくらい経つのでしょうか。
手入れも行き届いているのでしょうね。このように、土手の上の道路に覆いかぶさるように枝が張り出していて、さながら花のアーチ。

天気のいい日、または夜桜の時はさぞかし素晴らしい眺めだろうなあ。そういうわけで、今日の天気はかなり残念です (T_T)

09040503

この満開の桜の下、多くの方々が思い思いのかたちで、花見を楽しんでおられました。
好感が持てるのは、花の下で控えめに座を作りながらお弁当を広げているご一家など。
ささやかな中に、暖かい家庭の風景を垣間見る思いがします。

一方、どこでもかまわずバーベキューを始める方々は、ちといただけませぬなあ。
肉を焼く匂いはあたりに漂うし、お酒を飲んでかなりテンションが上がっているグループもいたりして、どうも喧しくていけません。
こういう人たち、ちゃんと後片付けしていってlくれるのだろうか (~-~)

09040504

さて、そんな小言幸兵衛はこのくらいにして、と (^o^)

河川敷では、なぜか盆踊りの輪が出来ていて、さまざまな装束の方々が踊りに興じておられます。

でも、まだ肌寒い早春に盆踊りとは、ちょっと季節が違い過ぎませんか? こんな時期に「東京音頭」を聞くと、思いっきり違和感を感じてしまいます。
これって、伊勢市観光協会の主催なのだろうか???

09040505

でも、この踊りは見ていて面白かった!
ホラホラ、こんな方もいらっしゃいましたよ!!
全身桜の花びらをまとった「チェリー・マン」 (^o^)/

う~ん、これもまた、かなりすごい感覚だけどねえ(爆)

09040506

そんな世間の喧騒は、さておいて。
宮川堤の桜は、今年もなかなかに見事なものでした。

願わくは、満開の桜の下でのんびりと弁当などを使ってみたいものですねえ。そんな花見風景、なかなか粋なものと思うのですが。
ま、そのような時は、こんなに多くの桜のある場所ではなく、どこかに一本で立っているヤマザクラを見つけて、その下で心ゆくまで静かに花を愛でたいものです。

09040507

ごちゃごちゃと忙しい毎日を過ごす身としては、そのようなことが果たして出来るのかと、はなはだ心細い限りではありますが (^-^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

今年お初の潮干狩 (^o^)

伊勢屋主人です。

4月になりましたが、今年はまだまだ冷えますねぇ。
この陽気のせいで、ほころびかけたサクラも開花がおくれているようですな。でも、この週末は暖かくなるようですから、一気に満開に持ち込まれるのではないでしょうか。
ということで、今週の土日はいずこも花見の陣取り合戦が華々しく催されることになりそうです (^o^)

ところで、先日主人は潮干狩に行ってきましたよ。
とある友人から「もういいんじゃない?」と言われて半信半疑で行ってきたのですが、かなり楽しめました、ハイ(笑)

09040101

ここは、伊勢湾の某海岸。
天気の良い日を選んで行ったのですが、そこはそれ海岸ですので、海風が強い!
寒さとこの頃はまだ全盛期だったスギ花粉にしこたまイビられて、主人の鼻はすっかり壊れてしまいました (>_<)

それでも、潮干狩だけは全うしてくるという、この根性の良さ(爆)

09040102

潮干狩って、4月末から5月頃に楽しむものと思っている主人は、「この時期なら、ど~せ海岸はガラガラだろう」とたかをくくっていたのですが、あにはからんや、そこそこの人出であります (@o@)
みなさん、やはり先手必勝とお考えなのでしょうか?

そう言えば、主人の某友人は2月に今年初めての潮干狩を敢行したそうな。。。

09040103

やや沖合いを歩いているこれらの方は、プロのようですな。
鋤簾(じょれん)という、プロ用の道具をお持ちです。

この鋤簾、ごりっと砂を掻くことが出来るので、さぞ効率がいいだろうと思うのですが、ちゃんとプロの工夫があって、小さい貝は採れないように隙間が大きく開いているのですね。

その点、アマは熊手で砂を地味にホジホジするので一見効率が悪いのですが、そこで出てきた小さな貝までごっそり採っていくので、資源保護という面ではみんなこのプロ用鋤簾を使うのがいいのかもね。

09040105

で、結果はどうだったのか、ですって?

ええ、この海岸はとっても豊かで、アサリ、赤貝、ハマグリ、ばか貝、マテ貝などが多く住みついています。
とは言っても、アサリはまだまだこんな大きさなので、お持ち帰りサイズのものはそんなに多くは採れませんでしたが。

この週末の潮目はどうだったっけ?
暖かくなってお花見に流れる方も多いでしょうから、潮目さえよかったら、意外と採れるかもしれませんねえ。
またちょっと、ホジホジしに行こうかしらん(笑)

09040104

早春の海は、こんなに透明度が高く、と~ってもきれい。
この海を見に行くだけでも、磯遊びする価値はありそうだなあ。

ではこのあと、さっそく今週末の潮目を見ておこっと (^-^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »