« 梅一輪 | トップページ | 桃の節句の準備 »

2009年2月20日 (金)

祈、花粉魔退散!

伊勢屋主人です。

全国にお住まいの花粉症の方々、いかがお過ごしでしょうか。
いやはや、また今年も辛い時期がやってまいりましたねぇ、トホホ。。。

先週末よりここ三重県中部でも本格的にスギ花粉が飛び出したようで、さっそくKO負けを喫している主人であります orz......
もう、鼻はずびずびで、目もかゆかゆ。極端に集中力が低下していて、仕事の能率も落ちる一方であります(え、花粉症前から落ちていただろ、ですって???)

そんな辛い日々を過ごしている主人に、一筋の光が!
それは、これ↓

09022001

『紅富貴(べにふうき)』というお茶であります (^o^)
この『紅富貴』というお茶、メチル化カテキンの含有量が非常に多い、メディカルハーブなのだそうです。
ま、簡単に言えば、花粉症に効果がある、ということなんですね(笑)

このお茶は、日本の「べにほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配して作られた紅茶用の茶葉なのだそうで、緑茶として飲むにはやや渋味が強い、とネットで調べたら出ていました。

09022002

こんなふうに、適量を湯飲みに入れてそれをお湯で溶かして飲むのですが、確かに苦味も渋みも強い (~o~)
でも、抹茶と思えばそんなに気にならないし。

で、気になる花粉症への効果なのですが、あるように思えます。
飲んでぴたっと症状がおさまる、というわけではありません。でも、しばらくは楽になるように思います。あくまでも、緩和 という感じでしょうか。
飲んだあと3~4時間もすると効果が切れるみたいで、その時はまた飲む、というように割り切ってサプリメント的な使い方かなあと主人は思っています。

スギ花粉症の完治ということではありませんが、抗ヒスタミン剤を使うと眠くなって全く仕事にならないし、花粉症の症状を少しでも緩和できるなら、そしてお茶なら体にもそんなに悪い影響もないだろうということで、もう少しこの紅富貴を使って人体実験を続けてみることにしましょうか(笑)

|

« 梅一輪 | トップページ | 桃の節句の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/28242501

この記事へのトラックバック一覧です: 祈、花粉魔退散!:

« 梅一輪 | トップページ | 桃の節句の準備 »