« 散歩道で | トップページ | 垂坂山ブルーミングハウス パン工房 »

2009年1月 7日 (水)

七草

伊勢屋主人です。

本日は正月七日。これにて松の内も終わり、正月気分も今日を最後、という日であります。同時に、春の七草を入れた七草粥を食する日でもあります。

なんで、この日にお粥をいただくのでしょうかね。
なんでも、平安時代に中国から伝わった風習を受けてのことだそうですが、そんな昔からの慣わしなんですね~?
よく言われるのは、正月のごちそうで疲れた胃を労わってあげるためというお話ですが、確かに胃は休まるかもしれないけど、すぐにお腹が減るのは閉口モノです。。。。

さて、春の七草とは、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロのことを言いますよね。
この七草のどれだけが庭で見ることが出来るのか、確認してみることにしました。

09010701

ナズナはすぐに見つかります。はい、これ。
いわゆる、ペンペン草(笑)

しかし、これを食べるんですかぁ???

09010702

ホトケノザも、この時期は花をつけているので、すぐにわかります。
紫の花がなかなか可憐なのですが、これも同じく「食べるんですかぁ?」組です (^o^)

果たして、どんな味がするのでしょうね。

09010703

こちらは、主人の奥方が育てている家庭菜園のスズナ=カブであります。今年はカブの出来がいいようで、そこそこの大きさの甘いカブが沢山取れました (^-^)

主人の家の周囲で見られる春の七草は、ここまで。ゴギョウ=ハハコグサも、もう少し後になれば見ることが出来るのですが。
主人としては、セリが近くで採れるとうれしいなあ。セリの味噌汁、春の味がして大好きなんです。
*子供たちには、香りがきついと不評ですけど (>_<)
 でもねえ、あの香りがなきゃセリじゃないでしょ!

09010704

近くの畑で、こんなものが成っています。そう、トウガラシです。
今頃が、収穫期なんですねえ。

イタリアンを作ることが多い主人としては、ニンニクとトウガラシはある程度のストックが欲しいところ。
今年は、トウガラシの種を家庭菜園に蒔いてみることにしましょうか。

09010705

庭のあちこちでは、いま水仙が真っ盛り (^-^)
その可憐な姿とともに、野生だからでしょうか、すこぶる良い香りもいたします。
こういう花の姿を見ると、春も近いのかなぁという実感が湧いてきます。

でも、その前にスギ花粉の襲来があるんですよね、つらいなあ。。。

|

« 散歩道で | トップページ | 垂坂山ブルーミングハウス パン工房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/26904559

この記事へのトラックバック一覧です: 七草:

« 散歩道で | トップページ | 垂坂山ブルーミングハウス パン工房 »