« 七草 | トップページ | 凍えた日 »

2009年1月14日 (水)

垂坂山ブルーミングハウス パン工房

伊勢屋主人です。

平成二十一年一月も、早や半分。みなさま お正月気分もとっくに抜けて、疾走中と思います。
はい、主人もかなり失踪、もとい! 疾走中です (^o^;;
時節柄、お互いに体にも配慮しながら、思いっきりアクセルを踏み込むこととしましょう!

さて 先日のことですが、主人は四日市の 社団法人『四日市福祉会』さんからお誘いを受けまして、四日市まで行ってまいりましたよ。

『四日市福祉会』さんは、知的障害をお持ちの方々を生活援助や授産といった様々な面から支援する事業を展開されていらっしゃるのですが、そのひとつとして、こだわりのパン工房を運営されています。
で、今回パン工房を新装開店されたということなので、拝見しに伺ったというわけです。

旧知のパン工房に到着すると、、、おぉ!

09011401

すっげー、カッコよくなってる (*o*)
これだけカッコいいと、町のパン屋さんというよりちょっとしたカフェって感じ。

09011402

お店の中に入ると、ずらりと陳列されたパンの後ろに、パンの製造現場をガラス越しに見ることが出来ます。

こういったシースルーの製造場所を見ると、主人は作り手の自信と意気込みを感じます。
だって、お店に来られるお客様に、どこにどう物を置いて、材料をどう処理して、どうやって作っているかが全て見られてしまうんですから。
だから、作る側にかなりの自信がないと、こういうことは出来ないと思います。

それに、ブルーミングハウスさんでは、障害をお持ちの方も作業に参加されているのですから、さらにすごいなあと思います。
作業の様子は主人も拝見しましたが、障害者の方々はとても真剣かつ熱心に作業をなさっていましたよ。

どんな状況にある方でも条件が整えば実力を発揮できるのだし、そのような条件や環境を整えていくことって、これからはもっともっと重要になっていくのだろうなあ、と思った次第です。

09011403

さて、パン工房の中をさらに拝見しましょう。
このようなイートインも出来るようになったのが、今回のポイントだそうです。
気に入ったパンを選んで、ここでコーヒーと一緒にいただく、なんてことも出来るのですね。
焼きたてパンを頬張りながらなんて、パンが好きでコーヒーが好きな主人は、ぜひぜひやってみたくなってしまいます (^-^)

そうそう、インテリアはみなスタッフの方々が考えて作ったのだそうです。こうしたらどうか、こんなのもいい、と様々なアイデアを出し合って、建築士の方と形にしていったとのこと。
う~ん、それってめちゃめちゃ楽しそうですね! いや、主人も参加したかった(笑)

09011404

今回、主人はコーヒーとフィナンシエをいただきました。

実は、フィナンシエはブルーミングハウス パン工房さんのお得意のお菓子なんです。
主人がいただいたこのフィナンシエは、現在開発中の試作品だったのですが、バターの香りがリッチに漂う、なかなかのもの。
でも、まだまだ改良されるんですって (@o@)

09011405

現在、フィナンシエはプレーン、ココア、アールグレー(紅茶)の三種類です。で、近い将来、これに新たに2種類が加わるかも (^o^)/
う~ん、早く食べてみたいなあ。

健常者、障害者それぞれの力を組み合わせて、ここまで発展してきたパン工房。
そして、新しい商品も積極的に作り出している、その前向きな姿。
いろんな元気を感じさせてくれた、ブルーミングハウスさんでした。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。たくさんの笑顔が、あなたを迎えてくれます。
ちなみに、主人はバケットとくるみパンがお気に入りです(ニコッ)

【垂坂山ブルーミングハウス パン工房】
三重県四日市市別名3丁目3番10号
でんわ:059-333-7370
ホームページ:http://www.blooming.or.jp/

|

« 七草 | トップページ | 凍えた日 »

コメント

おいしい

投稿: ピカ | 2014年5月10日 (土) 05時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/27134819

この記事へのトラックバック一覧です: 垂坂山ブルーミングハウス パン工房:

« 七草 | トップページ | 凍えた日 »