« ラーメン訪ねて70キロ (^-^)v | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月31日 (水)

伊勢の大晦日

伊勢屋主人です。

本日は大晦日、まさに激動の年と言える2008年も、残り僅かです。
主人は、晩御飯をいただいたあと、家族と伊勢神宮の外宮さんにお参りしてきて、たった今帰ってきたところです。

本当は、内宮さんも行ってみたいのですけれど、人出が多いと思うのでついつい敬遠しがち。
その一方で、外宮さんは多いといっても普通に駐車場も入れて、それに伊勢の人々の素顔も見ることが出来るので、ここ数年の大晦日は外宮さんにお参りしている主人なのです。

08123101

境内に入ると、すでにかがり火には火が灯っていました。
この大かがり火は、境内2箇所で焚かれるのです。

08123102

まあ、このかがり火の暖かいこと。
そばに近寄ると熱いくらいで、あまり近くまでは近寄れません。

08123103

それにこうして、時々火がはぜるので気をつけなければいけません。
主人は、なんとお気に入りのブルゾンを火の粉で焦がしてしまいました (ToT)

08123104

参道のところどころには、こうした小さなかがり火も焚かれていて、その回りには沢山の人が集まっています。
いえね、この方々は暖を取っているわけではないのですよ。

08123105

こうして、手作りの餅網を持参して、このかがり火でお餅を焼いているのです。
確認したことはないのですけれど、このかがり火で焼いたお餅をいただくと、何かご利益があるのかしらん?

08123106

こちらは、外宮さんの正殿前。もう、初詣の方々をお迎えするように、特設の出口も用意されています。
まだそんなに人も多くなくて、ゆっくりと参拝することが出来ましたよ。

夜9時を過ぎると、参拝は午前0時を過ぎるまで待たされると、聞いたことがあります。
ですのでそれまでに訪ねてみると、伊勢独特の大晦日の過ごし方を楽しむことができます。

08123107

今年は、物価の急上昇で始まり、終わりは派遣労働者の解雇問題、イスラエルでの紛争激化など、いまひとつさえない話題の多い一年でした。
この年の瀬に、伊勢神宮のかがり火の炎にあたりながら、みなさんは何を来る年に向けて祈ったのでしょうか。

不安定で落ち着かない平成二十年でしたが、このブログそしてe-伊勢屋に本年もご愛顧いただきまして、有難うございました。
来年は、明るく楽しい話題の多い年になって欲しいもの、と心から思います。そして誰もが暖かい気持ちと笑顔で一年を過ごせるように、と祈りたいと思います。

それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!

|

« ラーメン訪ねて70キロ (^-^)v | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/26681480

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢の大晦日:

« ラーメン訪ねて70キロ (^-^)v | トップページ | 謹賀新年 »