« 今年も、イルミネーション見物 (^-^) | トップページ | 土実樹 - 里美工房の共同作品 »

2008年12月17日 (水)

ジングル・ベル♪

伊勢屋主人です。

いやいや、平成20年もだいぶ押し詰まってまいりまして。師走も、早や半分を越しました。皆様、年末の忙しさに巻き込まれていらっしゃるのではないでしょうか?

え、主人ですか?
主人は、昨日から風邪を引き込んでおりまして、やっと回復途上にあります。
久しぶりの風邪っぴきで、布団にくるまってガタガタ震えておりました一方で、ずっと寝ていたもので腰が痛くて (>_<)
なんだか、年齢を感じてしまった、この数日であります。。。

さて、世は不景気ながらも街角にはクリスマス気分が満ち溢れ、都会では派手なイルミネーションが、田舎でも個人の家単位でイルミネーションが輝く今日この頃でございます。

ふと思うのですけど、いつの間にやらあんなにイルミネーションを施すお家が増えたんでしょうね。

08121701_2

主人が住む田舎では、あっちにぽつ~ん、こっちにぽつ~んとイルミネーションが輝く家があるという状況になっており、見え方としてはかえって寂しいようなんですけれど。

この間通りがかりに拝見したお宅は、かなり気合を入れてのイルミネーションを施されていて、それだけを見ているとまあキレイなんですけども、前も後ろも田んぼですので、周囲の暗さが主人には気になってしまいました。
まあぐるり360度、さらに遠くからも目立つは目立つんですけど、ちょいっとなんだかなあと思ってしまいます (^-^;;

08121702_2

ところで、主人はキリスト教徒ではありませんが、一般的日本人のレベルですので(笑)、年中行事の一つとしてクリスマスを楽しみます。ですので、こんな飾りも家の中では行っています。
外のイルミネーションは、遠慮させていただいておりますが(笑)

毎年クリスマスを迎えるにあたって残念なのは、子供たちが「サンタクロースって、お父さんとお母さん」ということがわかってきてしまうことです。
拙宅の上の子は、もう「そんなの、当たり前じゃん」とうそぶいておりますが、その実 数年前まではサンタの存在をマジメに信じておりました (^o^)

ところが、学校での友達との情報交換の結果、ある日家内に「そうなの?」と聞いてきたとのこと。
家内は仕方なく「そうだよ」と真実を明かしたのですが、その時はとても残念だった、と 今でも申しております。

08121703

今、主人宅では一番下の子だけが、サンタクロースの存在を半信半疑で考えているような次第でして。

でも、高校生になっても本気でサンタクロースの存在を信じている、おばかな子がちょっとぐらいはいても良いような気がしている、主人なのであります (^o^)

|

« 今年も、イルミネーション見物 (^-^) | トップページ | 土実樹 - 里美工房の共同作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/26262298

この記事へのトラックバック一覧です: ジングル・ベル♪:

« 今年も、イルミネーション見物 (^-^) | トップページ | 土実樹 - 里美工房の共同作品 »