« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

伊勢の大晦日

伊勢屋主人です。

本日は大晦日、まさに激動の年と言える2008年も、残り僅かです。
主人は、晩御飯をいただいたあと、家族と伊勢神宮の外宮さんにお参りしてきて、たった今帰ってきたところです。

本当は、内宮さんも行ってみたいのですけれど、人出が多いと思うのでついつい敬遠しがち。
その一方で、外宮さんは多いといっても普通に駐車場も入れて、それに伊勢の人々の素顔も見ることが出来るので、ここ数年の大晦日は外宮さんにお参りしている主人なのです。

08123101

境内に入ると、すでにかがり火には火が灯っていました。
この大かがり火は、境内2箇所で焚かれるのです。

08123102

まあ、このかがり火の暖かいこと。
そばに近寄ると熱いくらいで、あまり近くまでは近寄れません。

08123103

それにこうして、時々火がはぜるので気をつけなければいけません。
主人は、なんとお気に入りのブルゾンを火の粉で焦がしてしまいました (ToT)

08123104

参道のところどころには、こうした小さなかがり火も焚かれていて、その回りには沢山の人が集まっています。
いえね、この方々は暖を取っているわけではないのですよ。

08123105

こうして、手作りの餅網を持参して、このかがり火でお餅を焼いているのです。
確認したことはないのですけれど、このかがり火で焼いたお餅をいただくと、何かご利益があるのかしらん?

08123106

こちらは、外宮さんの正殿前。もう、初詣の方々をお迎えするように、特設の出口も用意されています。
まだそんなに人も多くなくて、ゆっくりと参拝することが出来ましたよ。

夜9時を過ぎると、参拝は午前0時を過ぎるまで待たされると、聞いたことがあります。
ですのでそれまでに訪ねてみると、伊勢独特の大晦日の過ごし方を楽しむことができます。

08123107

今年は、物価の急上昇で始まり、終わりは派遣労働者の解雇問題、イスラエルでの紛争激化など、いまひとつさえない話題の多い一年でした。
この年の瀬に、伊勢神宮のかがり火の炎にあたりながら、みなさんは何を来る年に向けて祈ったのでしょうか。

不安定で落ち着かない平成二十年でしたが、このブログそしてe-伊勢屋に本年もご愛顧いただきまして、有難うございました。
来年は、明るく楽しい話題の多い年になって欲しいもの、と心から思います。そして誰もが暖かい気持ちと笑顔で一年を過ごせるように、と祈りたいと思います。

それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

ラーメン訪ねて70キロ (^-^)v

伊勢屋主人です。

以前にもお話した記憶がありますが、主人は実はメンクイです。
あ、いやいや、「面食い」ではなく「麺喰い」なんですけれど (^o^)
麺類は、そばもうどんもパスタもラーメンも、大好き!
朝昼晩連続で麺でも、OKです(笑)

三重に来てからも、あっちこっちの麺類のお店に行ったりしています。
そういったお店の中でも、やっぱりラーメン屋さんに伺うことが一番が多いかな。ホラ、ラーメン屋さんって、初めてのところでも気軽に入れるじゃないですか。
それがお蕎麦屋さんだと、少し緊張してしまいます。。。

先日のこと、週末に娘とラーメン屋さんを訪ねました。伺ったのは、大台町の『一富士』というお店です。
実はこの店、三重ではかなり有名なお店ということで、失礼ですが大台町というかなり辺鄙な場所にもかかわらず、お昼時にはかなりの行列が出来るのだそうです (@o@)
並ぶのが苦手な主人は、少し時間をずらしてまいりましたが。

08122601

こちらが、その『一富士』さんです。JRの『三瀬谷』駅のすぐそばでした。初めての方は、『道の駅億伊勢おおだい』を目指して行かれると、わかりやすいと思います。

お店の外観は、ちょっと「ラーメン屋」さんの雰囲気ではないですね。
町の「おそば屋さん」もしくは「うどん屋さん」、という感じです。
で、壁には「中華そば」と「うどん」の文字が。なるほど。。。
この、ちょっと期待を裏切るお店の雰囲気が、「どんな味?」という興味をさらにそそってくれちゃうのです(笑)

時間を外しただけあって、お店の中には先客がお二人だけ。
静かなお店の中で、娘は「チャーシューメン」を、主人は迷った挙句に「ちゃんぽん」をお願いしました。

08122602

こちらが、娘がお願いした「チャーシューメン」。
ちょこっとスープを味見したのですが、煮干をベースにされたスープのようで、あっさりとしているのですが、コクと深みがある美味しいものでした。

失敗したのは、チャーシューも味見しなかったこと。
あとで娘に味を聞いたら、「適度に脂が乗っていて、おいしかったヨ」ですって。
あぅ、悔しい!

08122603

はい、こちらが主人のお願いした「ちゃんぽん」。
とろみがついているので、あっつあつです。

スープは、チャーシューメンと同じに煮干ベースですね。
でびっくりするのは、麺が美味しいこと!
しこしこもちもちという食感のストレート麺で、いい味でした (^o^)v
具もたくさん入っていて、もう大満足でした、ハイ。

で、主人の心残りは二つ。
一つは、チャーシューを食べなかったこと。
もう一つは、「中華そば」を食べなかったこと。
いくらなんでも、一度に「中華そば」と「ちゃんぽん」の両方を食べるのは無理というものですから、また行かなくちゃいけませんね。
片道35km、往復70kmの道程ですが、まあそれくらいのことはしてもいいかな、というくらい満足させていただいた『一富士』さんでした (^-^)

【中華そば 一富士】
〒519-2404
三重県多気郡大台町さはら456-2
でんわ:0598-82-2072
ホームページ:http://www.mie-1fuji.com/
定休日:水曜日

*ホームページから、お取り寄せも出来ます。
 年越しラーメンなんて、いかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

お気に入りのお店

伊勢屋主人です。

本日はクリスマス!
みなさんのところにも、サンタさんが素敵なプレゼントを持ってきてくれたでしょうか?

え、主人ですか?
う~ん、まあ、まあ、いろいろと、ね (^-^;;

という聖なる日ですが、主人は仕事で四日市まで行っておりました。
途中で雨が降ってきたりとめまぐるしく変わる天気だったのですが、仕事は無事終了。
ちょっと時間があったので、前から行きたかった桑名の某ショップへ立ち寄りして、さらのその帰り道にこちらもお気に入りのお店に立ち寄りました。

08122501

そのお店とは、鈴鹿の『やまちょう水産』さんです。
*ちなみに、「クリーニング」の看板は お隣のお店です。

『やまちょう水産』さんは、白子の港に揚がった魚を使って、煮干やちりめんじゃこなどの乾物を作っていらっしゃいます。

08122502

ほら、看板も堂々としたものでしょう (^-^)

ところで、主人が買いたかったものは、コレ!
田作です。
カタクチイワシの稚魚を乾燥させたものなのですが、これがそれぞれのお店でかなり味が違うんですね。

主人の場合、これを乾煎りして日本酒のおつまみにもしますので、腹の苦みが少ないものが好みです。
で、『やまちょう水産』さんの田作は、ちょうどいい頃合の味なので、いつもこちらで求めます。
そうそう、おせち料理にも入れなきゃならないので、今日はいつもより多めにいただきましたよ (^-^)

08122503

ところで、みなさまのお宅のおせちには、田作は入っていらっしゃるでしょうか?
主人は関東の出身ですので、数の子、黒豆、そして田作は絶対無ければならない、と思い込んでいます(笑)

おせち料理には、それぞれの品に意味があるのだそうで。
田作は、その名前からも連想されるように豊作祈願のために食べるのだそうですが、その謂れは 江戸時代に高級肥料=金肥として干鰯が使われていたことに由来するのだそうです。

それともう一つ、田作はごまめとも呼びますが、これは五万石(ごまんごく)がなまってごまめになったそうです。
う~ん、これは知らなかったなあ (@o@)

08122504

そうそう、これも買ったんですよね、「食べる煮干」。
これは、完全に主人の酒の肴です。
フライパンにごま油を薄くひいて、炒めて食べると、乙なものなんですよ (^o^)

【やまちょう水産】
〒510-0243
三重県鈴鹿市白子三丁目6-2
でんわ:0593-87-5050
ホームページ:http://www.nekonet.ne.jp/yamacyou/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

土実樹 - 里美工房の共同作品

伊勢屋主人です。

平成20年も、残りわずか10日あまり。
あ、そうだ。そろそろ年賀状の準備をしなくっちゃ、などと、いまごろ悠長なことを口走っている主人であります (^-^;;

そんなこんなで忙しい年の瀬、お馴染みの南伊勢町の農事組合法人『土実樹』さんでは、新しい商品を発売されました。
それは、これ ↓

08122001

名づけて『五ヶ所のセミノールケーキ』。

その名のとおり、『土実樹』さんが丹精込めて育てたセミノールを練りこんで、しっとりと焼き上げたケーキなんです。
そして、焼き上げたのはこちらももうおなじみですが、津の『デラッセ里美工房』さん。

いわば、両者の共同作品というのが、この『五ヶ所のセミノールケーキ』です (^-^)

08122002

ケーキのサイズは、2つ。
約15センチほどのかたまりのものと、一人用にカップに入れて焼き上げたものとになっています。
主人は、15センチのものをいただいてきましたが、こんな風に可愛くラッピングされています。

08122003

カットすると、断面には程よい甘さで炊き上げられたセミノールのピールが覗いて、とてもきれい。
それと、爽やかなオレンジの香りとさらにリキュールのほのかな香りも漂い、大人の雰囲気があります。

お味は、いつもの里美工房流で、雑味のないすっきりとした甘さ。
さらに、ほどよい弾力で、重くも軽くもなくすんなりとした口当たりは、さすがに里美工房さんと思わせる仕上り (^o^)
主人も、すっかりファンになってしまいました。

この『五ヶ所のセミノールケーキ』は、年内は本日の入荷が最後だそうで、前回の入荷の時はすぐに完売になってしまったそうです。
興味のある方は、『土実樹』さんにお電話なさるか、明日さっそくお店まで走ってくださいね (^-^)
主人も、このステキなケーキを近々e-伊勢屋で販売できないか、考えています。
請う、ご期待!

 
【農事組合法人 土実樹】
三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦3958
でんわ:0599-66-1201

【デラッセ里美工房】
三重県津市広明町85番地
でんわ:059-227-3070

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ジングル・ベル♪

伊勢屋主人です。

いやいや、平成20年もだいぶ押し詰まってまいりまして。師走も、早や半分を越しました。皆様、年末の忙しさに巻き込まれていらっしゃるのではないでしょうか?

え、主人ですか?
主人は、昨日から風邪を引き込んでおりまして、やっと回復途上にあります。
久しぶりの風邪っぴきで、布団にくるまってガタガタ震えておりました一方で、ずっと寝ていたもので腰が痛くて (>_<)
なんだか、年齢を感じてしまった、この数日であります。。。

さて、世は不景気ながらも街角にはクリスマス気分が満ち溢れ、都会では派手なイルミネーションが、田舎でも個人の家単位でイルミネーションが輝く今日この頃でございます。

ふと思うのですけど、いつの間にやらあんなにイルミネーションを施すお家が増えたんでしょうね。

08121701_2

主人が住む田舎では、あっちにぽつ~ん、こっちにぽつ~んとイルミネーションが輝く家があるという状況になっており、見え方としてはかえって寂しいようなんですけれど。

この間通りがかりに拝見したお宅は、かなり気合を入れてのイルミネーションを施されていて、それだけを見ているとまあキレイなんですけども、前も後ろも田んぼですので、周囲の暗さが主人には気になってしまいました。
まあぐるり360度、さらに遠くからも目立つは目立つんですけど、ちょいっとなんだかなあと思ってしまいます (^-^;;

08121702_2

ところで、主人はキリスト教徒ではありませんが、一般的日本人のレベルですので(笑)、年中行事の一つとしてクリスマスを楽しみます。ですので、こんな飾りも家の中では行っています。
外のイルミネーションは、遠慮させていただいておりますが(笑)

毎年クリスマスを迎えるにあたって残念なのは、子供たちが「サンタクロースって、お父さんとお母さん」ということがわかってきてしまうことです。
拙宅の上の子は、もう「そんなの、当たり前じゃん」とうそぶいておりますが、その実 数年前まではサンタの存在をマジメに信じておりました (^o^)

ところが、学校での友達との情報交換の結果、ある日家内に「そうなの?」と聞いてきたとのこと。
家内は仕方なく「そうだよ」と真実を明かしたのですが、その時はとても残念だった、と 今でも申しております。

08121703

今、主人宅では一番下の子だけが、サンタクロースの存在を半信半疑で考えているような次第でして。

でも、高校生になっても本気でサンタクロースの存在を信じている、おばかな子がちょっとぐらいはいても良いような気がしている、主人なのであります (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

今年も、イルミネーション見物 (^-^)

伊勢屋主人です。

早いもので、師走ももう10日過ぎ。師走だけに、いつもの月よりもさらに、日が過ぎるのが早いような (^-^;
そんな中、仕事で行った名古屋では、もうイルミネーションが真っ盛りでしたよ。

08121001

このイルミネーション、もう11月にはセットされて点灯していたと思うのですが。
ええ、何回か行って「きれいだなあ、写真撮りたいなあ」と思いながら、いっつもカメラを忘れていた主人であります(滝汗.....)

08121002

JRタカシマヤには、例年通り大掛かりなイルミネーションが飾られています。
今年のテーマは、「絵本の世界」だとか。

でも、最初から最後までずーっと見てはいないので、何がどうなっているのかわかっていません(笑)

08121003

タカシマヤ前の広場も、例年の通りにキレイに飾られています。
うん、こっちの方がわかりやすくていいな (^o^)

08121004

こちらは、くまのカップルですね。確か、去年もいたような気がするのですが?
前の男性の方は、何でそんなにこのカップルを見つめているのでしょうかねえ (^o^)

08121005

あまりにも華やかなこの光景で、このところの不況風のことなんか、いっとき脳裏から吹き飛んでしまいます。
でも、この飾りつけのために、相当のコストがかかっているのでしょうね。

08121006

いま、名古屋は「トヨタショック」があちこちに影響を及ぼし、大変なことになっているのだそうです。
タクシーなんて、売上が10%くらい下がっているとのことで、例年ならば稼ぎ時だった年末も、今年はさっぱりだなんて声が聞こえてきます。

こういう華やかできらびやかな飾りつけは、景気良く見たいもの。
来年のイルミネーションは、気持ちも財布も豊かな状態で見たいものですな (^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

動き、始まる。

伊勢屋主人です。

このところ、新聞やテレビのニュース番組を見るにつけ、「不況」の二文字がやたらと目につくようになりましたね。毎日倒産や投資縮小、人員整理のニュースが相次ぎます。
またアメリカでは、あの3大自動車メーカー(ビッグ3)が倒産の危機に瀕しているそうで、ほんの少し前までは好景気と言っていたのが、本当に夢のように思えてきます。

しかし、このような時期こそが新しい事業の芽を育てる好機です。
と主人が思っていたら、南伊勢町のナンセイ養鶏さんにこんな建物が出来ていましたよ。

08120601_3

卵の直売所なんですが、無人ではなくて、ちゃんと社員の方がいらっしゃって、商品の説明をしながら売ってくれているのです。

08120602_3

現在は、卵と南伊勢町で作られている地場産品の販売がメインですが、近々調理した卵や、今までにない新しい製品の投入を予定されていて、商品の充実を図っていくのだそうで (^-^)

その新しい製品ってどんなものなんですか? と旧知の萩原会長にお聞きしたのですが、「まだナイショ」と教えてくれませんでした。
でも「ヒントは、とっても美味しいもの」だそうで、美味しいものに目がない主人はその美味しいものが何かを早く知りたいのです!

08120603_2

今の人気商品は、このフルーツトマト。
養鶏場で作られている特製の肥料で大事に育てたものだそうで、とびっきり甘いんです。ちょっと小ぶりなところが、いかにもフルーツっぽくて可愛らしい (^o^)

このところ、南伊勢町では直売所の開設が相次いでいて、この地でも何かが動き出している予感がしています。
海の幸、山の幸の豊富な土地柄ですから、その気になって探せばいろいろと新しい商品につながる素材がたくさんあるのでしょうね。
そして、こうした新しいチャレンジの動きが、新たなビジネスへの挑戦と地域の振興につながってくれればなあと、心から祈る主人なのです。
   

【株式会社 ナンセイ養鶏】
〒516-0112
三重県度会郡南伊勢町伊勢路1152-2
でんわ:0599-65-3529
ホームページ:http://www.coccoland.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »