« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月25日 (火)

阿曽温泉

伊勢屋主人です。

三連休も終わりまして、昨日来の強い雨もからりとあがりました、本日の三重県中部地方です。
快晴で気持ちのいい朝ですが、日ごとに朝晩の冷え込みは厳しくなってきております。

花粉症持ちの主人ですが、もともと鼻がそんなに強くはないようで、こんなように急に冷え込んだりいたしますと、どうしてもくしゃみを連発しております。
今からこの状態だと、2月のスギ花粉最盛期にはどんな状態になるのやらと、いささか気がめいり始めてしまいます (>_<)

さて、この連休中に主人はちょこっと足を伸ばして、大紀町の阿曽温泉に行ってまいりました。
いやね、溜まりに溜まっていた薪割りを土日で終わらせたのですけれど(実は、まだ次の薪が来る予定。まだまだ、働かなければ.....)、そのおかげで筋肉痛になるやらだるいやらで。
こういうときは湯治に限る!というわけで、家からクルマで1時間ほどの阿曽温泉に行くことにしたわけです。

08112401

ほぼ1年ぶりの阿曽温泉。前を通ったのは何度もあるのですが、仕事の行きかえりでしたので、温泉に浸かるという発想もなく、ずいぶんとご無沙汰してしまったものです。

いやあ、すっごく混んでいるのに、びっくり! なんと、大型の観光バスが2台も入っていたのには、目が点になりました (*o*)
この温泉、廃校になった小学校を利用して作られたものなのですが、以前は広い駐車場に数台しかクルマが停まっていず、申し訳ないけどその静かさと鄙びた雰囲気が良かったのですけど。

運営されている側にしてみれば、人が沢山来てくれなければ困るのでしょうがねえ。

08112402

さらに、こんな直売所も出来ていました。
近在の方々が畑で採れたものを持ち寄ったり、この店の中で大福餅を作っていたりと、なかなかローカル色溢れる直売所でした。
この季節は、キノコの詰め合わせが出ていたりして、そんなものもちょっとうれしいものです。

で肝心の温泉ですが、観光バスの方々もピークは過ぎていたようで思ったほど混んでいなく、またお風呂は以前と同じように清潔で、気持ちよく過ごせましたよ。
さらに、サウナ風呂も新しく出来ていて、サウナ大好きの主人は久しぶりにどわーっと汗を出してきました。

結果、温泉を出てからも1時間くらいは体がほかほかしていて、疲れも吹っ飛びました。
うん、今回の湯治の目的は、きちんと達成できました (^-^)v

08112403

今までは気がつかなかったのですが、駐車場には大きなイチョウの木がありました。イチョウは変わらず立っていたのですが、こちらが気がつかなかっただけなのです。
人間って、不注意なものだなあと、あらためて感じた次第です。

08112404

葉っぱは、もう散り際でしたが、それだけに黄色が鮮やかで、目に痛いほどです。
いやあ、この点でも今回の阿曽温泉は、とっても満足出来ました。

08112405

葉をほとんど落とし、梢が鋭く空に向かっている、このイチョウ。
これはこれで、なかなか凛々しい風景になっていました。

できれば、銀杏が落ちていたら、もっとうれしかったのになあ (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

そろそろ、冬 到来

伊勢屋主人です。

昨日からずいぶんと冷え込んできた、日本列島であります。
なんでも、真冬並みの寒波だそうで。うぅ、さぶっ!
岐阜県には、大雪注意報が出たらしいですね。今朝のニュースでは、高山の雪景色をレポートしていました。
みなさま、体調管理にはぜひご注意のほどを <(_ _)>

さて、県外の方からは「温暖な場所」という印象を持たれている三重県ですが、やっぱり冬は寒いですよぉ。
特に主人が住んでいる辺りは、冬場はめちゃめちゃ風が強くて。クルマを運転していてまともに横風を食らうと、車体が一瞬ゆらっと動きます (@o@)
で、この強風のせいで体感温度が低い、というわけ。

ただ、悪いことばっかりではなくて。
冬が近づいてくると、このあたりの空は本当に澄み渡ってきて、夕焼けや星空がとってもきれいになるのです。
これも、主人にとっての冬の楽しみのひとつ (^-^)

08111901

これは、昨日の夕焼け。
最近時々見る、放射状に流れる雲に夕焼けが映えて、とてもきれいでした。

08111902

これは、ちょっと左にカメラを振ってみました。

金星が、画面のほぼ真ん中に輝いています。
その左上に見える、金星より少し小さい星は木星でしょうか?
主人はちょっと自信がないので、星に詳しい方 教えていただけるとうれしいです (^-^)

08111903

昨夜は、10時頃に外に出てみたのですが、本当に降るような星空でした。
オリオン座が東に大きく輝いていて、さらにぐるりと360度眺めてみると、北斗七星にカシオペヤ座、白鳥座にこぐま座と、もう星座のオンパレード!

東京ではそんなに興味の持てなかった星ですが、ここまではっきりくっきり見えると、「あれは何座だろう?」という興味が大いに湧いてきます。
ふと気付いたら、天体望遠鏡が手元に不意に現れちゃったりしてるかもしれないという、危険な予感がしている主人であります (^-^;;

うぅ、注意しなくっちゃね(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

残りもの

伊勢屋主人です。

11月も、早いものでもうそろそろ下旬です。
あと一歩で師走へ届いてしまう、という今日この頃。今晩からは全国的に寒さも本格的になるそうで、みなさま どうぞ暖かくしておやすみくださいませ。

ふと身の回りを見渡すと、かなり物寂しさが増しております。
風にたなびいて金色に輝いていたススキの穂も、いつのまにやら見る影もなくなっていたり、少し前まではまだ緑を残していたサクラの葉も、かなり赤く しわびてきております。

そんななか、未だにたわわに実っている柿の木が!

08111801

色よく熟しているのに、まだ残っている。
カラスがつついた跡も、これまたない。

そうかぁ、これは渋柿ですな (^o^)
いやあ、いい色しているんですけどね。

08111802

ところで、渋柿って食べたこと、ありますか?
もともと柿はあまり好みではないのですが、この前 ものは試しでちょこっと食べてみました。

口に入れた途端! お、お、驚きましたぜ (@o@)
顔中の皮膚が、ぴーっと口の回りに引っ張られるようで。
渋いというか、何ともいえない味でした。うぁ、もうこりごり!

もとい、で。
家に戻って奥方にこの柿の話をしたら、「欲しい!」ですって。
どうするのさ、と聞いたら 至極当然そうに「干し柿にするわ」だって。
あ、そうか。その手があったなぁ。

聞いてみると、干し柿が大の好物なのだそうで。えっ、聞いたことなかったぞ。。。
んー、そういえば、干し芋とかが好きな奥方でした (^-^;;

08111803

で、拙宅の軒下にも、めでたく干し柿の素がぶら下がりました(笑)
ちょっと柿すだれ、というわけにはいきませんけども。

はて、これはいつ頃食べられるようになるのでしょうかねえ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

第19回 伊勢楽市

伊勢屋主人です。

今週はず~っと好天に恵まれた三重県中部ですが、この週末になって崩れてまいりました。
今日は、朝から降ったり止んだりで、明日の午前中は雨だとか (>_<)

そんな中、お馴染みの 伊勢メガネ さんにメガネの調整で伺った主人であります。そこで「今日は楽市をやっているんですよ」とのお言葉が!
あれ、楽市って今日だっけ? 完全に忘れていました(滝汗...)
折りよくカメラも持っていたことから、その足で外宮さん近くの会場へ向かうことにしました (^-^)

08111501

到着したのは10時半頃でしたが、すでにお客様がた~くさん。
もう押すな押すなの大賑わいでした。

08111502

ぶ~らぶらお店を覗いていると、あちこちに知った顔の方がいらっしゃいます。みなさん、商売熱心なこと。
というより、主人の人脈が広がってきた、ということかな?

こちらの「かねも商店」さんは、南伊勢町から自家製の美味しいさんま寿司や太巻きなどをお持ちになっていらっしゃいましたよ。
売れ行きも上々のようで、お忙しくされていました。

08111503

こちらでは、サザエや緋扇貝(ここいらでは、あっぱ貝といいます)、さらには伊勢海老を炭火で焼いて供してくれています。

伊勢海老は、こうして生きたまま串を打たれると、「きゅうっ!」という声を出すんですね。ちょっと、可哀そう (~-~)

08111504

で、そのまま炭火の上へ。
こうして串を打たれてしまうと尾が曲がらないから、どんなに熱くてもじたばたできないんですねえ。
そうかあ、串打ちひとつにも、そういった工夫があるんだなぁ。ちょっと感心しました。

08111505

こちらは、安楽島(あらしま)からいらっしゃった牡蠣売りの方々。牡蠣剥きを実演していらっしゃいます。

で、この牡蠣剥きの早いこと、早いこと。
牡蠣一つをものの3秒ほどで剥いてしまう、その早業 (@o@)
いつも牡蠣殻相手に悪戦苦闘する主人とは、えらい違いであります。。。

08111506

おっと! 出ました、伊勢名物「伊勢うどん」!!
伊勢の市なら、やっぱりこれがないと気分が出ませんね~。
ということで、主人も一杯いただきました。

柔らかめのうどんに、色は濃いけど出汁がきいた たまりベースのたれが、美味でございました <(_ _)>
でも、うどんの熱いこと! 一瞬 「うっ!」っと言うほどでした。
伊勢うどんは、ゆっくりいただかなきゃぁいけませんね。

08111507

この伊勢うどんのお店で売っておられた、「伊勢の黒にんにく」も人気で (^-^)
中高年の方々には特に人気で、次から次へと売れておりました。
主人も、そろそろいただくべきか (?o?)

08111509

おやおや、こんなカワイイ店番までいらして(笑)
また、明日もがんばってね。

08111510

こちらは、すでに伊勢の名物の感がある「ひもの塾」さん。内宮前のおはらい町にあるお店は、いつも大盛況です。

大盛況の秘密は、この方 ↑
まあ、売り方の上手なこと (^o^)
魚を焼きながら、お客を呼び止めて食べさせて、さらに掛け合いを展開してお財布を開かせてしまう、まあ素晴らしい口上です。
で、おじさんもおばさんも、みんなここで干物を買っちゃうわけ。

08111511

商品も、さんまの丸干しにかますの開き、むろあじの開き、いかの一夜干し などなど。
た~くさんあるので、どれにしようか迷ってしまいます。

08111512

なんといっても圧倒的なのが、このさんまの丸干し。
一串で1,000円。この一串に15本ほどのさんまが付いていますので、1本は67円也。
さらに、お客さんにせがまれて「じゃあ、あと5本おまけ!」なんていうものだから、〆て20本で1本は50円也!
というわけで、主人も買っちゃいました、このさんま (^o^)v

伊勢楽市は明日も開催されています。
今回ご紹介した他にも、野菜や魚介類、こんにゃくや饅頭など伊勢界隈の名物がほぼ店を連ねますので、どうぞお近くの方はお運びください。
きっと、いいお買い物が出来ますよ (^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 1日 (土)

化かされる?

伊勢屋主人です。

本日から霜月、いよいよ秋深しの感がありますね~。
こまごまとやらなくてはならないことがあって、昨夜は深夜まで起きていたのですが、あまりの冷え込みの強さに、薪ストーブを焚いてしまいました。うぅ、ぬくいわぁ (^-^)
薪を取りにでた時に仰ぎ見たら、「降るような」という言葉通りの満天の星空でしたよ。

さて、田舎に住んでいますと、都会では思いもよらないことに出会うものであります。

それは、昨日のこと。

とあるわき道を走って、広い本道に出ようとしたら。。。
道の真ん中にペタリと座り込んで、通せんぼしてくれる動物がいるんです。

08110101

なんだ、イヌか?
それにしても、何をやってるんだぁ?
クルマが来ているのに、なんでコイツどかないの?

待っていても動きそうにないので、クラクションを鳴らしましたよ。

08110102

こっちを振り向いた顔をみたら、、、え"!
こりゃあキツネだよ!!

うぁ、こんな間近で野生のキツネを見るのは、田舎生活5年の間でも始めてだよぉ。

しまったぁ、カメラ持ってない。。。
というわけで、携帯電話での撮影と相成りました (^-^;;

08110103

それにしても、このキツネ君はどういうつもりでしょうね。
クラクション鳴らされて一度振り向いたのですが動くこともなく、どっかりと腰を下ろしたまま、今度は毛づくろいを始めています (*_*;;

おーい、どいてくれよぉ(泣....)

08110104

仕方がないので、もう一度クラクションを鳴らしたのですが、効果なし。こんなポーズをきめてくれちゃいました (^o^)

どうやら、コギツネなのでしょうか。全然クルマを怖がる様子がありません。ヲイヲイ、クルマを見たこと ないのかい?

08110105

このままこうしていてもラチがあかないし、まあ飛び掛っても来ないだろうと思い、とうとうクルマから降りて、追い払いにかかりましたよ。
仕方ないんだもん。

さすがにひとが近づくと、やっと動き出しました。で撮ったのが、このショット。

へえ、こんなに後ろ足が長いんだ! それに、尻尾も!!
それにしても、やせこけていますねえ。

まあ、どいてくれたし、撮影もしたし、ということでクルマに戻りかけて、ふと気配を感じて振り向くと。
なんと、彼がついてきているじゃないですかぁ!!

だめだめ! と派手に追い払い、逃げた隙にクルマに乗り込んで、ようやくこの場所を抜けることが出来ました (-_-;;

それにしても、人懐っこいのか、それとも化かそうとしたのか。
なんとも奇妙な、キツネとの遭遇でした。

 

*でも、コレほんとにキツネなんだろうか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »