« 二見浦で磯遊び (^^) | トップページ | 恒例のハル*コレ イラスト展 ~ その弐 »

2008年5月19日 (月)

恒例のハル*コレ イラスト展 ~ その壱

伊勢屋主人です。

爽やかな天気が続いていた先週末、主人にとっては春の恒例行事となっています 辻さんご夫妻の個展『ハル*コレ イラスト展』を拝見しに、田端優美術館に行ってまいりましたよ (^-^)

辻 長彦さんと美穂さんのご夫妻は、昨年よりジョイントの形で春に個展を開催されています。
一昨年より以前は美穂さんの作品だけだったのですが、長彦さんの作品も加わって主人にとってはさらに楽しい個展となっています。

08051901

さて、久しぶりの 田端優美術館。
この美術館は、美穂さんのお父様の田端優さんがご自宅の一角をアトリエ兼美術館として公開されているものなのですが、完全に一個人の美術館というのは かなり珍しいのではないでしょうか。

森の中に佇んでいるこの美術館の隣は大きな池があり、この敷地内とともに、美術鑑賞に飽きてしまった(笑)子供たちの良い遊び場になっています。
そして大人たちも、緑に包まれてのんびりと思い思いの時間を過ごすことができるのです。

08051902

08051903

美術館の中に入ると、昨年同様に向かって左側には美穂さんの(上の画像)、右側には長彦さんの作品(下の画像)がずらりと展示されています。
うん、今年も大いに楽しませていただけそう (^o^)

それと、美穂さんが主宰されている児童造詣教室「アトリエ・ミホ」の生徒さんたちの作品も、しっかりと展示されています。

08051904

今年の美穂さんの作品は、少女をモチーフにした連作になっています。

いままでの、自然をモチーフにした作品とはタッチがかなり異なっていて、主人にとってはこれもまた新鮮な作品ばかりです。

08051905

今回の主人の一番のお気に入りは、この向かって左の作品です。
タイトルは『むかい風』。

少女の穏やかながらどこかに緊張感が潜む表情と、一見爽やかそうに見えていてその中に危うさがある風景の組み合わせに、惹かれるものを感じました。

08051906


どの作品も、作者のどんな心象風景を映しているのか、とても気になってしまうものばかりです。
見学に来られていた方々も、今年は例年よりずっと長く作品を鑑賞されていたようでした。

この日は残念ながら、美穂さんは所用でいらっしゃらなかったのですが、ご本人から作品についていろいろとお聞きしたかった主人であります (^-^)

次回は、長彦さんの作品をご紹介しますね。こちらは、クルマ好きの方々は必見ですぞ!

 

|

« 二見浦で磯遊び (^^) | トップページ | 恒例のハル*コレ イラスト展 ~ その弐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/21042866

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例のハル*コレ イラスト展 ~ その壱:

» イラスト村のホームページ用イラストレーション素材 [ホームページ素材のイラスト レーション]
イラストレーションのタッチも、非常にオリジナリティ溢れる感じになっており、良い感 [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 09時24分

« 二見浦で磯遊び (^^) | トップページ | 恒例のハル*コレ イラスト展 ~ その弐 »