« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月20日 (日)

休日

伊勢屋主人です。

いやあ、今日はほんとうに爽やかな一日となった、三重県中部でありました。
暖かいのですが、空気がからっとしているのでそんなに汗ばむこともなく、抜けるような青空が気持ちのいいこと、この上ない!

あさってまでは、今日のような好天が続く予報になっています。
「春に三日の晴れ間なし」などと言いますが、先週末の台風のような天気もあるのですから、春としては例外のこの三日間の晴れ間を楽しんでも、バチは当たらないですよね (^-^)

08042001

昼間の天気が良ければ、当然夕日もきれいで。
夕方散歩していた主人は、あまりに夕日がきれいなので、散歩を中止してカメラを取りに家に走って戻りましたよ(ああ、しんどかったぁ - ~_~; )

すでにたっぷりと水を張られた田んぼに、夕日が映ってきれいでした。

ああ、なんかこの風景を見ただけでも、この休日は「いい休日だった」と思えてしまいます。平凡な毎日でもよくよく観察していれば、感動できることはたくさん潜んでいるのですね。

08042002

田植えが終わったばかりの田んぼです。
この小さなイネの苗も、いまは一生懸命根っこを伸ばそうと、ひとの目からは見えない田んぼの中でがんばっていることでしょう。

そう考えると、果てしなくいとおしく思える、この小さい苗たちです (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

春、本番!

伊勢屋主人です。

このところ暖かい毎日で、外に出ているとシャツ1枚でもちょうどいいくらいですねえ。なぜか、かえって家の中の方が涼しいくらいです。
いやいや、主人が三重と名古屋を往復している間に、春本番になっていたのですね。

08041501

拙宅の裏庭では、あちこちでタンポポが花盛り!

初めて気がついたのですけれど、春先のタンポポって背が低いのですね。
夏場くらいになると、妙にひょろひょろと背の高いのが目に付きますが、あれは単にこのタンポポが成長して花をつけた、ということなのでしょうか?

08041502

こちらは、奥方が栽培しているきぬさやです。
今年もたくさんの花をつけてくれました。これで、当分 サラダと味噌汁の具、そしておつまみには事欠かないぞ(笑)

このきぬさや、オリーブ油をちょっと引いて炒めた上に、塩コショウをふりかけると、もうそれで立派なおつまみになるのです (^-^)

08041503

田んぼにも、すでに水が引き込まれて、夜にはカエルの合唱が聞こえてくるようになりました。
まだまだ走りですので、声はそんなに大きくありませんが、これが5月頃になると「やかましい!」と言いたくなるくらいのボリュームになります (>_<)

08041505

今日、その水の張られた田んぼに、トラクターが入りました。
いよいよ、本格的に田植えの準備に入ったのです。

ところで、農業における機械化は、本当に作業を楽にしてくれたのだなと、しみじみ思います。
だって、このトラクター一台で、ものの30分ほどで代掻きが終了してしまうのですから。

08041504

で、その隣の田んぼでは!
すでに、田植えが終了していました (@o@)

おお、なんて早いんだ!
気がつかなかったぞぉ!!

こうして春も、もうたけなわになっているのですが、一つ想定外の出来事があります。
それは、主人の鼻がまだぐずぐずなのです。
スギ花粉の季節は、とっくに終わったはずなんだけど。。。

あれぇ、もしかしてヒノキにも反応しているのぉ???

あぁっ、それはイヤだぁっ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

アクティブシニア・フェア2008 開催!

伊勢屋主人です。

ただいま、ナゴヤドーム(中日ドラゴンズの本拠地でございます)で、「アクティブシニア・フェア2008」というイベントが開催されております。

これは、団塊の世代の方々が関心をお持ちのことに対して、いろんな提案をしていきましょうという展示会なのですが、実は主人もこのイベントにちょっぴり関係しているので、今日は行ってまいりました。

08041001

リフォームの住宅や、健康食品、旅行などなど。。。
バラエティ豊かな商品の展示が、盛り沢山なんです。
トヨタ自動車は、発売したばっかりの「クラウン」を展示していたし。

ちょっと笑ったのは、パチンコの台をずらっと並べたコーナーもあったこと。そうかぁ、パチンコってそんなに好きな人が多かったのね (@o@)

08041002

ここは、ビートルズについてのコレクションを展示してあるコーナー。
あ、これ見たことある、というものが満載でしたよ。
かつてのビートルズのプロモビデオなんかも流れていて、いい雰囲気でした。

08041003

こちらは、ワインのコーナーです。
試飲させてくれるのですけど、主人はクルマで行ったので、残念ながら試飲できず。。。
まあ、ワインの味がわかるほど繊細な味覚は持っていないので、いいんですけど (^o^;

08041005_2

で、主人が関わったのは、こちら。
ヒストリックカーの展示コーナーです。
60年代を代表するスポーツカーを8台選んで、展示しましたよ。

08041007

MGやジャガー、ホンダS800やダットサン フェアレディなど、みなさん懐かしくご覧になっていただけました。
「これ、オレ乗ってたぞ!」とか、「これをバックに、写真撮って!」とか、楽しそうにクルマを眺めては話しておられましたぞ (^-^)

いやいや、こういう旧いクルマはいいですよね。
やっぱり、デザインが暖かみがあるというか、ほっとするというか。
自動車好きの主人は、こういうクルマを見ていると、ホントに癒されちゃいます(笑)

08041008

本日の目玉は、「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」のライブでしたぁ!

え、「ブルーコメッツ」、知らない? 「ブルーシャトー」、知らない?

ま、仕方がないかぁ。「ブルーシャトー」の大ヒットは1967年ですから、すでに40年以上前のことですもんね。
知らない方は、日本のグループサウンズを代表する、ビッグネームのバンド、と理解してくださいね。

なんでも30年振りにアルバムを製作されたということで、今日もノリノリのコンサートを披露してくれました。
でもねえ、なんと平均年齢が68歳なんですって、ブルーコメッツ。とても、そんなお年とは信じられない、熱のこもったステージでしたよ。
ま、歌の合間に息を整えるために長いおしゃべりが入るのは、ご愛嬌でしたけど (^-^)

もう一つ、見ていてしみじみと思ったこと。
「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」を迎えた皆さんの、うれしそうな顔。そして、手拍子。
こちらも、ノリノリでサウンズを楽しんでいらっしゃいました。
それを見ていたら、団塊の世代の方々って、こういった今につながる「若者文化」を創ってきたのだなあ、というのが実感としてわかりました。

 

「アクティブシニア・フェア2008」は、ナゴヤドームにて13日(日)まで開催されています。
毎日、いろんなステージも見ることが出来ますので、お近くの方は行ってみてはいかがですか?
ちなみに、明11日は八代亜紀さん、12日は庄野真代さん、13日はビリーバンバンのステージが予定されています。
  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

田丸城址

伊勢屋主人です。

拙宅の近くに「田丸城址」という史跡があります。
以前より、遠目にも立派な石垣が気になっていたのですが、なかなか訪れる機会がありませんでしたが、先日ちらほらとサクラが咲き出したのをきっかけに、行ってまいりましたよ。

田丸城は、伊勢自動車道 玉城インターから国道23号線に向かう途中に、その広壮な石垣を眺めることが出来ます。
非常に緻密な石垣なので、どのような歴史のある城かと思い調べてみましたら、その歴史の深さに驚いてしまいました (@o@)

08040401

この田丸城が築かれたのは、なんと南北朝時代。1300年代ですから、いまからざっと700年も前のことです。
築城当時は、南朝の中心人物である北畠親房の居城であったとのことで、相当重要な拠点だったのでしょう。

1342年、足利尊氏の攻撃により落城しますが、室町時代に再建され、戦国時代には織田信長の次男である 織田信雄(のぶかつ)の居城となりました。
この時、三層の天守閣を備えたお城になったそうです。
今はその跡を残すのみですが、見てみたかったですねえ、田丸城の天守閣。

08040402

この立派な石垣は、そういう歴史を持っているのですねえ。
いやいや、おみそれしました。道理で、石垣が立派なはずです。
こういう緻密なものは、なかなかありませんよ。

江戸時代に入ると、田丸領は紀州徳川家の所領となり、そのまま明治維新を迎えました。そして、明治維新の折に城の建造物は全て破壊されたそうです。
なぜ、そんなことになったのでしょうね。城=要塞であるから、反政府側が立て籠もったら厄介だと考えたのでしょうか。

建造物の文化的価値を省みず、敵対する可能性のあるものは全て破壊する。
こういう側面を持った明治維新は、やはり文化革命だったのだと、あらためて感じさせてくれる、この事実です。

08040403

そんな歴史はあるものの、現在の田丸城は沢山のソメイヨシノが植えられており、のどかなものです。
城の中腹には玉城中学があり、元気な生徒たちの声がいつも響いているのが、なにやら楽しい気分にさせてくれるのです。

08040404

ソメイヨシノも、かなりの大木が多いです。いつ頃、植えられたものでしょうね。

幹の太さを見ると、5~60年くらいは経ているのではないか、というように見えます。ということは、昭和の初め頃に植えられたもの、ということになりますね。

08040406

これが、天守閣があった天守台です。小さいですね (^-^)
天守台がこの面積なら、三層あった天守閣もそんなに大きなものではなかったでしょう。

う~ん、可愛い感じだったのかなぁ、取り壊された天守閣を、よけいに見たくなってしまいます。

08040407

天守台から見た、松阪方面の山並み。遠くに見えるのは、飯南の山でしょうか。その前に広々と田んぼが広がり、いい景色です。

うん、季節毎にここから景色を眺めたら、さぞいい気分になることでしょうね d(^-^)b

08040408

こちらは、城のふもとに保存されている、田丸城の奥書院です。
明治維新の折に、破壊を免れ近在の農家の家屋として使われていたものを、玉城町が引き取りここに移築したのだそうです。

これは、町の英断だったと、主人は思います。
こういった、見逃すとすぐに取り壊されて跡形もなくなってしまう、微細な文化財を保護し後世に伝えていくのが、自治体の見識であり役目だと、主人は考えます。

それにしても、すっきりとしたいい建物だこと (^o^)v

初めて訪れた田丸城、予想を遥かに超えて魅力たっぷりの史跡でした。このあとも度々ここを訪れることになる予感を持った、主人でありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »