« 野焼き | トップページ | あぶらげ »

2008年3月11日 (火)

サクラ、モウ サク!?

伊勢屋主人です。

昨日、三重県の海沿いを走っていたところ、いきなりこんな風景が目に飛び込んできて (*o*)
思わず、クルマを停めて、折りよく持っていたカメラで撮影を始めてしまいました(笑)

08030701

遠目で見ると、どうしてもサクラに見えます。
でも、早すぎやしないか、なんぼなんでも???
それに、サクラにしちゃあ 色がピンクっぽいし。
とはいっても、モモじゃないよなぁ。

そんなことを自問自答しながら、木に近づいていきましたよ。

08030703

答えは、やっぱりサクラでした。
いかに暖かい三重県、その中でも海沿いだからさらに暖かいとはいえ、あまりにも早すぎる、今年初めてのサクラとの対面となりました(驚!)

08030704

このサクラの花を見ていたら、以前に似たサクラを見た記憶がよみがえってきましたよ。
伊豆の河津というところに咲く、「河津桜」という品種です。
この「河津桜」は早咲きで有名なサクラなのです。そして花の色が、ソメイヨシノより濃いピンク色なのが特徴。

このサクラと、特徴が似ています。はて、これは伊豆からはるばるやってきた河津桜なのでしょうか?

08030705

このサクラは、南伊勢町の「東宮瑞賢公園」の周辺に植えられています。その公園には、ご覧のような立派な銅像が。
この方は、江戸時代の人で河村瑞賢という方です。

河村瑞賢は材木を扱った豪商で、東廻り・西廻り航路の開発なども行ったことが有名ですが、なんとこの南伊勢町の出身だったのです。いやぁ、知りませんでした。
こんな銅像を見ると、歴史上の人物がにわかに身近に感じられてくるのが面白いところです。

この公園の近くには瑞賢生誕の地があり、そこにも立派な碑が立っているそうです。主人は、その存在を知らなかったので、見ていないのですけれど (^-^;

で、この碑を建てたのは、御木本幸吉。碑文を揮毫したのは、清浦圭吾。またここにも、歴史上に名を残した人が出てきます。

南伊勢町って、案外に有名人が出ているのですね。驚いちゃった。
郷土史って、こうして紐解いてみると意外な発見があって、面白いものですよ。

|

« 野焼き | トップページ | あぶらげ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/11154787

この記事へのトラックバック一覧です: サクラ、モウ サク!?:

« 野焼き | トップページ | あぶらげ »