« 平成二十年 初詣 | トップページ | 神頼み (^o^; »

2008年1月 4日 (金)

おはらい町界隈

伊勢屋主人です。

本日も、伊勢神宮 内宮初詣話しの続きでございます <(_ _)>

地の利を活かした(笑)早い時間での参拝で、初詣を済ませた主人一家は、内宮さんの門前町である「おはらい町」に、ぶらりぶらりと繰り出しましたよ (^-^)

08010301

はい、おはらい町はこんな様子でしたよ。
お店の門口には注連縄が張ってあって、お正月気分を盛り上げてくれます。
これは帰り道の撮影で10時半ころでしたので、人出も増えてきています。

お店も、年末年始は稼ぎ時ということで、気合が入っているのでしょう。以前はなかった、こんなディスプレイも出ています。

08010303

ちりめんで作られた、巨大招き猫!
むむ、この甘い顔と微妙な角度の招き手で誘われたら、ついついお店に引きずり込まれそう(笑)

08010302

こちらは、みやげ物店の「岩戸屋」さんの大看板、おたふくです。
いままでそんなにしっかりと見たことがなかったのですが、なかなか堂々としたおたふくさんの看板ですね。
見上げていると、なにやら目出度い気分になってきますから、不思議なものです。

08010304_2

で、おはらい町と言えば「おかげ横丁」ということで、こちらにも立ち寄って来ました。
でもねえ、親会社「赤福」の例の騒動の影響か、やはり例年より人出が少ないように見えましたね。
ホント、ここは正月ならこんな風に通りに人の隙間がある、なんてことはまず無いのですけどねえ (-_-;

08010305

そんな不景気な話しは吹っ飛ばせ!とばかりに、太鼓の演奏が横丁の中心で行われていて、こちらは大勢の観客で賑わっておりました。
まあ、不景気は吹っ飛ばしてもらいたいのですが、法令違反の反省は吹っ飛ばさないでいただきたいものですな (^m^)

08010306

正月なので、お店の中のしつらえも、季節感溢れるものが多かったですね。
これなんか部屋に下げておいたら、福が舞い込んできそうじゃないですか。

08010307

こちらも、正月の縁起物。
こういったちょっとした飾りを、室内にさりげなく飾って、日本ならではの季節感を楽しみたいものです。

08010308

はい、こちらが話題の「赤福」本店。
しっかりと、戸が閉められておりました (>_<)
三百年間という歴史の中で、正月に商売をしないというのは、初めてのことでしょうね。多くの観光客の方も、残念そうに見ていましたよ。

おそらく、今月半ばには営業を再開されるのではないでしょうか。
まあ、隣の「五十鈴茶屋」や「おかげ横丁」は営業している(双方とも赤福さんの子会社)ので、伊勢の事情を知っている人々にとっては、「赤福」さんが営業中止中という感覚も薄いかもしれませんが。

08010309

まあ、伊勢にとっては大きなすったもんだがあったこの年末年始ですが、相変わらず「おはらい町」界隈は賑わっておりました。

今年は、昨年来の暗雲が取れて、この青空のように澄み切った雰囲気の伊勢になって欲しいものです、はい。

|

« 平成二十年 初詣 | トップページ | 神頼み (^o^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/9740759

この記事へのトラックバック一覧です: おはらい町界隈:

« 平成二十年 初詣 | トップページ | 神頼み (^o^; »