« 失敗作 | トップページ | 秋の伊勢楽市 »

2007年11月 9日 (金)

これは、旨いっ!

伊勢屋主人です。

11月も明日で10日。早いものです。
早いものと言えば、日が暮れるのもまた 早くなりました。もう5時には暗くなっていますね。ちょっと前までは、5時はまだまだ明るい時分だったのに。
寒さも、だんだんに本格化してきます。昨日の朝の冷え込みはこの秋一番だったそうで、どうりで息が白く見えました(寒っ...)

こんな時期になりますと、ありきたりではありますが鍋物を食べたくなる、主人であります。
ええ、鍋は好きですよぉ。お魚の鍋も、お肉の鍋も、どちらも「どんとこい!」って感じ(笑)
当然、美味しい鍋に美味しいお酒はつきもの。ということで、ゆっくりとお鍋をつつきながら、きゅっと冷えたお酒を味わって、しかもほかほか体の中からあったまって (^-^)
「ああ、日本人でよかったぁ!」としみじみと思える瞬間でしょ、これって!(ちょっとおおげさ?)

ま、それはさておき、主人は数ある鍋の中でも鶏を使った鍋料理が好きなんです。
水炊き、鳥すき、もつ鍋など、いろいろ楽しみますよ。
水炊きは、昆布だしで煮てポン酢でいただくというのもいいのですが、鶏がらでじっくりとだしを取って白味噌で味をととのえた汁を使って煮込むというのも、またオツなものです。

でも、一番すきなのは、鳥すきかな。昆布だしとしょうゆ+味醂+日本酒で、ちょっと辛めの江戸風に割り下をこしらえて、溶き卵でいただくというの、いいんですよね。
今年もそろそろ、鳥すきを楽しもうかなと思っていたら、伊勢の山川商店さんから「伊勢二見ヶ浦 夫婦地鶏」を一羽分 いただきましたぁ!

Jidori

はい、こちらがその二見夫婦地鶏です。
実は、去年の11月に一度ご紹介していますが、鶏の中でも一番美味しいと言われる軍鶏(しゃも)を基本に、三重の銘柄鶏である「伊勢赤どり」と「名古屋コーチン」とをかけ合わせた地鶏です。
しかも、ブロイラーが50日程度で出荷されるところを、この二見夫婦地鶏は2倍の100日以上もかけてしっかり運動させて育てるというのですから、その味はいかがかと興味津々、なのであります (^-^)v

いただいたのは一羽ですから、むね肉、もも肉、手羽先、手羽元 その他とすべてそろっています。
あ、でも安心してくださいね。一羽といっても処理がきれいにされていて、お肉屋さんで売っているお肉とまったく同じ状態です。
羽毛付きで、ニワトリがまるごとごろんと来た、なんてことはありませんので (^Q^)

で、手羽先、手羽元は塩コショウで焼いて、むね肉ともも肉は、例の鳥すきでいただくことにいたしました!

Torisuki

んんんっ、割り下の中でぐつぐつ煮えている二見夫婦地鶏です。
お肉は赤味が強く、鮮やかな印象です。脂もほどよく乗っていて、鶏大好きの主人は「早く煮えないか!」とお肉を凝視しちゃいます(笑)

で、煮えたところをひとつ、パクっと食べちゃいました。
んぐ、んぐ、んぐ、ごくん。 。。 。。   あ~ぁ、美味。。。(^-^ )

食感はプリンプリンって感じで適度な歯ごたえがあって、味も肉の旨味がたっぷりで、脂もしっかりあるんですけどくどくない。これって、運動をたっぷりしているためでしょうかね?
で、意地悪テストで、いくつかの肉をわざと強めに煮込んだのですが、そうしても肉が硬くならず、風味も落ちていません。ホント、丁寧に育てられたいい鶏肉です。

手羽も、単純に塩を軽くすりこんで、コショウを振りかけてグリルで焼いただけなんですけど、これもボディのしっかりとした味ながら、まったくくどさがない、という理想的な手羽に仕上がりました。

うん、旨い!
この鶏肉は、ぜったいお勧めです。
鶏肉と言わず、お肉の好きな方なら、必ず満足できる味ですよ~!

でも、二つだけ難があります。
一つは、予約生産ですのでいつも手に入るわけではないこと。
山川商店さんは、お客様からのオーダーに従って、オーダーの分だけこの二見夫婦地鶏を育ててお届けするのです。
こういった受注生産だからこそ、手間隙かけて美味しい鶏を育てることが出来るのですね。
もう一つは、少しお値段が張ること。少なくとも、主人が毎晩気軽に鍋を楽しめるほどでは、ありませぬ。。。

さあて、美味しいお鍋を毎日食べるために、仕事がんばらなくっちゃね。。。

 
【有限会社 山川商店 サンセンカイ・フーズ】
三重県伊勢市神久6丁目5-13
でんわ:0596-28-6513
ホームページ:http://www.sansenkai-foods.co.jp

|

« 失敗作 | トップページ | 秋の伊勢楽市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/8841567

この記事へのトラックバック一覧です: これは、旨いっ!:

« 失敗作 | トップページ | 秋の伊勢楽市 »