« 工作 | トップページ | ツートップ »

2007年11月23日 (金)

名古屋ドーム初入場 (^^)

伊勢屋主人です。

このところ、少し更新をサボっておりました (^^ヾ
主人も何かと忙しく、ちと更新の時間もなかった ということで、お許しのほどを。。。

で、更新怠慢のあおりでちょいっと旧聞になってしまったのですが、先日名古屋ドームに行ってまいりました。はい、伊勢屋主人もたまには都会に行きますので(笑)
しかも、名古屋ドーム! 野球場であります!! これって、主人にとってはかなり珍しいことになりまする。

なんたって、主人はからきし野球に興味のない男でして、いままで野球場に行った経験は4回しかありません。で、今回が5回目。
但し、今回は野球を見に行ったわけではありません(当然、シーズンオフになっていますからね)。とあるプロジェクトの下見に行ってきた と、こういうわけであります。

07112301

こちらが、名古屋ドーム。中日ドラゴンズの本拠地でございますね。
いや、みなさんとうにご存知で (^_^;
しっかし、初めてこれを見た目には、なんと大きな建物なのか とやはり驚きましたよ。

07112302_2

当日は、『ドームやきものワールド』というイベントが開催されておりました。
国内の著名な陶磁器メーカーや、各地の窯元がその作品を並べる展示会でありまして、そもそも陶磁器が好きな主人にとって 今回の下見は趣味と実益が共存しちゃう、オイシイお仕事なのであります (^-^)v
展示されているのは、ガラス器から始まって陶器、磁器、さらにテーブルアレンジメントの作品など、実に多彩 (@_@)

07112303

わぉ、オシャレですねえ。
でもねえ、キレイだけど、こんな器の使い方、普通の家庭ではありえないんでないの~?
え、ウチがするって? それはまあ、ナント素晴らしい(驚)

07112304

こちらは、ノリタケさんのブースでございます。
ノリタケさんも様々な作品を出品されていましたが、主人はこの市松模様(チェッカーともいいますな)の大胆なデザインのシリーズが気に入りましたね。

07112305

こちらは大倉陶園さん。
今回は、春夏秋冬の膳のしつらえをテーマにされていたようで、これは秋のしつらえ。
やはり大倉陶園さんは、この微妙なグラデーションの絵付けが特徴だと思うのですが、淡々(あわあわ)とした雰囲気が主人は大好きです。

07112306

ナルミさんのブースは、大胆なディスプレイ (*0*)
展示会ですから、作品の質やデザインはもとより、ディスプレイの品質も重要です。
その意味で言うと、今回はこのナルミさんのディスプレイが一番だったかな?

このような大手メーカーに混じって、多くの窯元も作品を展示してがんばっていましたよ。
こちらは、三重県の伊賀焼の窯元さんです。

07112308

伊賀の特徴である、自然釉がきれいに出ています。
そうそう、主人はこういう炎で作り上げる、という風情の陶器が好きなんです。しかも伊賀焼は、実用の陶器が多く、がんがん使い込んでより味のある器になっていくそうですから、この点も主人好み。

実は、伊賀焼の鍋なんて欲しい器のひとつなのです (^-^)

07112309

でも、伊賀焼といっても、いまはそれぞれの窯元の考え方で、様々な伝統にしばられない作品を作られる窯元も増えたようです。
こちらも、そういった窯元の一つですが、にゃんともかわいい箸置きの小皿です。
こういったものを食卓に添えておくと、それだけでいつもの食卓の雰囲気がちょっと変わるのではないでしょうか。

と思いつつも、必死に購入を止めた主人であります(笑)

え、名古屋ドームに行った目的は何だったのか、ですって?
それは、もう少しあとにお話しますね (^^)

|

« 工作 | トップページ | ツートップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/9077712

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ドーム初入場 (^^):

« 工作 | トップページ | ツートップ »