« ちょっと、遊びに (^^) | トップページ | ちょっといいお店 (^^) »

2007年10月 4日 (木)

猫まつり

伊勢屋主人です。

話題としてはちょっと遅くなってしまったのですが、先日伊勢の内宮前に用事があって行ってまいりましたよ。
ずいぶん久しぶりだなぁと思ったのですが、良く考えたらこのあたりにはちょくちょく行っているのですね。
でも、当然ながら仕事を抱えていくので、いつも観光客で大賑わいのおはらい町は敬遠して道を取るので、そんな風な感じを受けたのです。

だって、ここ通ると10分以上目的地に着くのが遅くなるんだもん! (>_<)

このおはらい町の中にあるおかげ横丁では、折りしも「来る福 招き猫まつり」が開催されていました。
で、もう入り口から 招き猫がど~ん! という状態で(笑)

07092901

なんでも、9月29日は「招き猫の記念日」なのだそうな。
御存じでした?
9月29日が、「来る福(くるふく)」と読めることから、招き猫の愛好家団体である「日本招猫倶楽部」が1995年に日本記念日協会に申請して制定したのだそうで。
まあ、いろんな記念日があるものですなぁ (@o@)

07092902

この招き猫に呼ばれたのか、雨の日というのにたくさんのお客様が、ここおかげ横丁にいらっしゃっていました。恐るべし、招き猫の威力....

07092903

ところで、猫って昔から日本にいたわけではないのですってね。
なんでも、奈良時代あたりに中国から輸入されたらしいんです。
で、そのときの目的は、お経をかじるふとどきなネズミを退治させることだったらしい(笑)

うむうむ、けっこう大事な役目を果たしていたのね、キミたちは (^-^)

07092904

ほらほら、おみくじまで招き猫でっせ、ここは。
こんなおみくじで大吉を引いたら、当分幸せ気分に浸れますな。
*全部、大吉だったりして (^m^)

でも待てよ、猫って魔性とも言われるじゃないですか。
魔性と招福って、まったく正反対ですよね。なんでなのでしょうね???

ずいぶん前に亡くなった主人のおばあちゃんは、昔々に猫が箸を加えて後足で立って踊るのを見たそうで、それ以来猫は大っ嫌いになったと申しておりました。
そう言えば、夏目漱石も「我輩は猫である」の中で、「ねこじゃねこじゃを踊る」と書かれていましたなあ。

何かそういう実例があって、家畜以上の力を持っているように見えるので、魔性と招福という両極端の性格付けをされるようになったのでしょうかねえ?
つらつらこんなことを考えていくと、想像の迷路に迷い込んで、妙に面白くなります。

07092905

はい、こちらはおなじみの「赤福本店」です。いつ行っても人の波が途切れることがありません。
ちょっと覗いたら、例のぼたもちが美味しそうだったけど、並ぶのが面倒臭いので帰ってきちゃいました。

ま、地元なんだもん(完全な地元じゃないけど)、欲しくなったらまた買いに行けばいいしね (^^)v

*「来る福 招き猫まつり」は、9月30日で終了しています。

|

« ちょっと、遊びに (^^) | トップページ | ちょっといいお店 (^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/8245828

この記事へのトラックバック一覧です: 猫まつり:

« ちょっと、遊びに (^^) | トップページ | ちょっといいお店 (^^) »