« 久しぶりの東京 (^-^) | トップページ | いよいよ (^^)v »

2007年10月14日 (日)

『波濤の会』

伊勢屋主人です。

つい先日まで「暑い、暑い」と言っていたのが嘘のように、すっかり秋たけなわとなってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、ここ数日三重県は、伊勢市の某社の話題ですっかり全国にその名を轟かせております(笑)。

まあ、それは脇に置いて、と。

いまは、神道でいう神嘗祭(かんなめさい)の時期でして、その年の豊作を神様に感謝するお祭りが執り行われます。
というわけで、伊勢市も昨日からお祭りモードに入っております (^^)v

で、本日の話題はこのお祭りではなくて(それは、次回 - 笑)、例年この時期に伊勢市内で『波濤の会』という艦船と飛行機の模型サークルの作品展示があって、主人はそれを楽しみにしております。

07101302

模型といっても、侮れませんよ。
ここに撮影されているものは全て手作りで、しかも作りこみがすごいんです。

07101303

これは、旧日本海軍の巡洋艦のアップですが、おわかりになるでしょうか。
マストから下がる索やロープまで再現された手すりなど、本当に微に入り細に入り作り込まれています。
この模型は、1メートル以上にもなる大作で、削りだした木の板を竜骨に張り込んでいくという、ホンモノのフネと全く同じ方法で作られています。
製作者の方は、「毎日8時間くらい製作をして、8ヶ月以上はかかる」と仰っておられたので、どれだけ手間がかかるか、おわかりになるでしょ?

07101305

こちらは、海上自衛隊の艦船の模型ですが、こんな遊び心溢れる演出がしてあって、思わず「ニヤリ」としてしまうところも多々ありました (^o^)

軍艦だけでなく、こんな帆船の模型もありましたよ。これは、日本の帆船である海王丸です。
風をはらんだセイルの表現が、なんとも素晴らしいですなあ。

07101306

こちらは、世界で一番大きな豪華客船「クイーンエリザベス 2世号」です。この模型も、1メートルくらいの大作です。
現代の豪華客船って、まるでビルみたいなんですね。これって、何階建てになるんでしょう?

07101307

それにしても、どの作品も精密に出来ていて、大人も子供もかぶりつきで見入ってしまうものばかりでした。

07101308

こちらは、飛行機の模型。航空自衛隊のアクロバット飛行集団 ブルーインパルスのようです。
こちらも、木を削りだして作った作品だそうです。

07101309

主人が伺った時の見学者数もかなりの人数でしたが、かなりご年配の方が多かったですね。
旧海軍の艦艇の模型も多いので、どうしても興味を持たれるのがある程度の年齢の方になってしまうのでしょうか。

でも、見るほうも説明するほうも、とっても楽しくて。主人も、30分以上話し込んだりしちゃいました。
それにみなさんがとてもご丁寧に説明してくださって、時にはこんなふうにフネにポーズまで取らせてくれたりして (^-^)

07101304

『波濤の会』のみなさんは、また来年の展示に向けて新しい作品の製作に取り掛かるのでしょうね。
そして主人は、来年の新作を拝見できるのを、今から楽しみにしているのです(ニコッ)

【空と海のサークル 波濤の会】
ホームページ:http://www.geocities.jp/hatonokaihp/

|

« 久しぶりの東京 (^-^) | トップページ | いよいよ (^^)v »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/8413960

この記事へのトラックバック一覧です: 『波濤の会』:

» スイスの果物豊作 [スイス滞在10年の日本人が綴る[必見]スイス裏話・こぼれ話]
スイスの果物、今年はとっても豊作って知ってた?スイスのお庭のある家庭には、果物の木がよくあるんだけど、今年は、大変な豊作で、生った洋ナシ、プルーン、リンゴなどを色んな方法で料理したり、もらってもらったりするのに苦労しているようだよ。やっぱり新鮮な食べ物っていいよね。私もそのおこぼれを頂戴して、季節の味を楽しんでるよ。でも、フルーツを売るお店では、商売上がったりかもね。... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 12時53分

« 久しぶりの東京 (^-^) | トップページ | いよいよ (^^)v »