« 天使は もうすぐひるね | トップページ | 川曳きで出合った笑顔 »

2007年7月29日 (日)

川曳き

伊勢屋主人です。

現在、伊勢では伊勢神宮の第六十二回式年遷宮に向けての動きが、本格的になってきております。
神宮の社殿造営のための御用材を運ぶ「お木曳き」は、昨年より行われており、この主人日記でも、昨年の6月にその様子をお知らせいたしました。

昨年拝見しましたのは、外宮さんへの御用材を運ぶ いわゆる陸(おか)曳きでありまして、内宮さんに御用材を運ぶお木曳きは「川曳き」と呼ばれておるのですが、こちらは主人もまだ拝見したことがありませんでした。

この週末、28日と29日にその川曳きが行われたのですが、実はこれが今回のご遷宮での最後のお木曳き。これを見逃したら、次はあと19年待たなければなりません。
というわけで、梅雨明けの厳しい陽射しの中でしたが、伊勢神宮内宮まで出かけてまいりましたよ (^^)v

伊勢神宮内宮に行かれたことのある方はご存知と思いますが、内宮に沿って五十鈴川が流れております。
川曳きは、この五十鈴川の中を御用材を曳いて、内宮境内に納めるものであります。

07kawabiki01

まあ、人・人・人!
五十鈴川に到着してみると、川の中にぎっしりと人が立ち尽くしています!
こんな風景、初めて見た!!

今回は、28・29両日ともに伊勢市内の五つの町が参加しての川曳きでして、主人が到着した時は、中村町・鹿海町・朝熊(あさま)町が川に入っておりました。

07kawabiki02

川曳きでも、御用材はこのように木橇(そり)に乗せられて、大勢の人々に曳かれて川をさかのぼっていきます。
昨日は快晴でしたので、暑いのなんの! 川岸に立って撮影しているだけで、汗がダラダラ。。。
思わず、こちらも川の中に入りたくなってしまいました。

そんな暑さの中で、場を締めてかつ盛り上げるのは、やはり木遣連です。
今回も、いなせな姿で木遣唄を聞かせてくれていました。

07kawabiki03

中には、こんなカワイイ木遣連もいて (^^)
友達どうしでしょうか、ニコニコと楽しそうです。

07kawabiki04

今回、この内宮前にどれくらいの方々が集まったのでしょう?
川曳きに参加された方も多かったですが、見物客もものすごい数でした。ご覧いただけるでしょうか。川岸も橋の上も、見物客でいっぱいです。
誰か、人数を数えていないかな???

07kawabiki05

好天の下、暑くはありましたが、みなさん最後のお木曳きを堪能していたようです。
もちろん、主人もです (^-^)

でも、けっこう日焼けしちゃったよぉ(笑)

|

« 天使は もうすぐひるね | トップページ | 川曳きで出合った笑顔 »

コメント

初めまして。
私は29日の三番ソリの中之町を曳いていました。
とうとう終わってしまいましたね。

http://blogs.yahoo.co.jp/p_no_kimochi

投稿: P | 2007年7月30日 (月) 06時45分

P様、いらっしゃいませ! 伊勢屋主人です。
そうですか、昨日の川曳きに参加されていたのですか。
私が撮影に伺ったのは、28日の土曜日でしたので、一日違いでしたね。
やはり、伊勢の方々は少し気が抜けたのでは?
これに向けて、かなり前から準備を進めておられた、と聞いております。

少し休んで、また次の行事に向けてがんばってください!

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年7月30日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/7320676

この記事へのトラックバック一覧です: 川曳き:

« 天使は もうすぐひるね | トップページ | 川曳きで出合った笑顔 »