« 水が入って、田植えが終わって... | トップページ | ハル*コレ イラスト展 行ってきました - その2 »

2007年4月22日 (日)

ハル*コレ イラスト展 行ってきました - その1

伊勢屋主人です。

このところ暖かい日が続いている、三重県です。
本日は、午後から雨となりました。
外では、アマガエルがうれしそうに鳴いています。田んぼに水も入ったので、もう彼らは天国ですね。
こちらは、雨が降るたび毎に草がしゅっしゅっと伸びてくれるので、仕掛り中の草刈を早く行わなければ、と頭を悩ませています。。。

今日は、そんな中 午後から辻美穂さんと長彦さんの個展『ハル*コレ イラスト展』を拝見してきました。
ええ、とても楽しいひとときでしたよ (^^)

0704tsuji01

ひさしぶりの田端優美術館。静かな林の中にあって、いつ伺っても気持ちのいい場所です。
この田端優美術館は、辻美穂さんのお父さんが運営されているのですが、この前を通る細い道は、その昔伊勢に通じる古道だったのだそうで、由緒のあるところに建っているのです。

0704tsuji02

中を覗くと、ギャラリーの方々でいっぱい!
美穂さんとはほぼ一年ぶり、長彦さんとは去年の「伊勢おおまつり」以来ですので半年振り。
ご無沙汰失礼のご挨拶をいたしまして、さっそく作品を拝見いたしました。

まず、レディー・ファーストですので、辻美穂さんの作品からご紹介しましょう。

0704tsuji04

こちらは『美し国』というタイトルの作品。
ピンクのカバさんは、海に浮かぶ「ドリームランド」です。
海の中でたくさんのお魚がカバさんを支えていますが、中にはタイヤとかペットボトルとかさらには爆弾まで。。。
鮮やかで楽しげな絵の中に、現代が抱える危うさが潜んでいます。

0704tsuji05

『生きる』というタイトルのこの作品には、以下のキャプションがありました。

生まれて → たべて → ねて → 産んで → 死ぬ → 生まれて... 生きた あかし は、つづいていくこと

う~ん、なかなか考えさせられるキャプションです。
輪廻という言葉を、脳裏で反芻する主人であります。

0704tsuji06_1

今回の展示で目を惹かれたのが、こちら。
数枚の作品をフレームに入れて、コラージュにされたものです。
左の作品は、二科展のイラスト部門に出品されたものだそうで、勉強不足の主人は初めてしりました (^^;

0704tsuji03

ギャラリーの方々も、絵を見て キャプションを読んで。
ゆっくりじっくりと、お休みの日の午後を楽しんでいました。

主人も、このゆったりとした時間の流れが居心地がよく、1時間近くもおじゃしてしまいました。
辻さん、ながながとごめんなさい <(_ _)>

次回は、長彦さんの作品をご紹介します。どうぞ、お楽しみに!

|

« 水が入って、田植えが終わって... | トップページ | ハル*コレ イラスト展 行ってきました - その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/6177624

この記事へのトラックバック一覧です: ハル*コレ イラスト展 行ってきました - その1:

« 水が入って、田植えが終わって... | トップページ | ハル*コレ イラスト展 行ってきました - その2 »