« 歴史から消された史実 | トップページ | 伊勢屋主人のセンティメンタル・ジャーニー ~ 新宿編 »

2007年2月 1日 (木)

伊勢屋主人のセンティメンタル・ジャーニー ~ 銀座編

伊勢屋主人です。

何度かこのブログでもお話しましたが、主人は今から4年前に、東京から三重県にまいりました。
東京と言いましても、神奈川県なので正確には東京ではないのですが、本籍は東京、さらに東京まで歩いて10分という地理、加えて都市機能から言うと首都圏に住み東京都内で仕事をしておりましたので、このように言っております (^^)

ま、それはそれとして。
昨日、ちと仕事でひさしぶりに東京に行きました。打合せが2つあったのですが、それぞれの時間の間隔がかなりあったので、その間に懐かしい場所を歩いてきました。

0701tky01

まずは、おなじみの銀座。主人は、ここで20年間仕事をしておりました。
公私ともに、いろいろと思い出の多い場所ですので、東京に行ったときは必ず立ち寄るようにしています。

それにしても、このところ海外ブランドの旗艦店の進出が相次ぎ、銀座の雰囲気もかなり変わりましたなあ。
思いつくだけでもCartier、Chanel、Coach、Hermes さらにApple Storeと、主人が銀座を去ったあと、これだけのブランドが進出しています。
でも、和光(服部時計店)は依然として、威風堂々のたたずまい。ここを見ると、なぜかほっとします。
さすがに、この店が海外ブランドの店になったら、銀座も魅力が半減以上するんじゃないかな。

ところで、和光はウィンドウディスプレイがしゃれているのでも、有名ですね。いまは、干支にちなんだ赤と黒の、コントラストのはっきりしたディスプレイでした。
いつも思うのですが、このディスプレイは誰がデザインされるのでしょうかねえ。これだけのクウォリティを維持し続けるのは、並大抵の努力ではないはず。
もしかしたら、ウィンドウディスプレイ専属のデザインチームがあるのかもしれません。

0701tky02_1

ここで仕事をしていた当時、主人はよく築地にご飯を食べに行きました。さすがに日本最大の生鮮市場ですから、たくさんの美味しい店が場内・場外のあちこちにあります。
元来が食い意地が張っている主人のこと、友人と情報交換をしたり、雑誌を拾い読みしたりして、美味しい店を訪ねて回ったものです。

それらの店の中で、洋食はいつも場内市場の『豊ちゃん』というお店に行っていました。
このお店は松山猛さんのご本から知ったのですが、松山さんもご推奨のカツ丼がまことに麻薬的な美味しさなのです。 

豊ちゃんはメニューが融通無碍なのが有名で、「オムのっけ」とか「あたまライス」とか「オムハヤシ」などの名物メニューがメジロ押し。
主人も、お店に入る前までは「今日こそはカツ丼以外のものを食べよう」と思うのですが、いざ席につくとどうしてもオーダーは「カツ丼」になっていました。
手際よく出されるカツ丼は、分厚く上質な豚肉を使ってくれているのですが、すごいのはどんぶりの上をくまなくカツが覆っていて、ほどんどご飯が見えない!
で、東京風のちょっと濃い目の甘辛つゆがご飯にしみこんで、適度につゆを吸いながらもまだカリッとした歯ざわりを遺しているトンカツが乗っかっているこのカツ丼を食べると、もうそれだけで十分幸せになってしまっていました (^^)

今回も、時間の関係で築地に行ったのは比較的早い時間だったのですが、どうしても誘惑に勝てず、席に座ったときに出た言葉は「カツ丼!」  もたれるかなあと思いながらも、やっぱり食べてしまいました(笑)
でも、ここで食べなかったら、帰ってから後悔するのは間違いないので。

結果は、大満足! 記憶の中にある通りの美味しさが、そこにはありました。油がいいのか、全然もたれなかったし。
おかげさまで、打合せに気合が充分入りましたよ p(-o-)q
味と同じく、お店のひとも昔と変わらず懐かしい顔ぶれ。
でも、みなちょっと年をとりましたね(自分も含めてね)。

0701tky03

豊ちゃんで至福の時を過ごして晴海通りに出ると、勝鬨橋が見えます。
まだこの橋は、動くんでしょうか。一度でいいから、真ん中からぐわぁーって開く様子を見てみたいものです。
この勝鬨橋も、何度も歩いて渡ったっけ。このあたりは時間帯によっては、クルマやバスに乗るより歩いた方が、冗談ではなく早いんです。

さてさて。
クルマの流れはかなり多くなってきて、一日が本格的に始まりつつあります。
主人も、午前中の打合せのために、もう一度資料をチェックしなければということで、懐かしの銀座・築地をあとにしたのでした。

※築地の洋食屋 『豊ちゃん』のホームページがありました(驚)

|

« 歴史から消された史実 | トップページ | 伊勢屋主人のセンティメンタル・ジャーニー ~ 新宿編 »

コメント

お久しぶりです! コメントは残さなくても、日記は読ませていただいてました。

銀座…私は一昨日居ましたよー。ちょっと迷ってしまい日本橋の方にも行ってしまいましたがー。
「たいめいけん」ご存知ですか? あそこの「小皿料理」を食べたんです。(要予約)
築地には行ったことがないのですが、近い距離ですよね?
銀座も日々、変わってます。(だから迷ってしまった)
そうそう、和光は健在ですよね。

ご主人の趣味からかなり外れていますが、私のHPにも遊びにきてください。
そしてURLを残していただければ、ココへの訪問者も増えるかと思いますが……???

投稿: イオリ | 2007年2月 2日 (金) 08時22分

イオリ様、いらっしゃいませ! 伊勢屋主人です。

いやあ、このところこのブログの引越し(ココログに変えました)やら何やらで、ばたばたしておりました。

銀座に一昨日いらっしゃった、ということは、私と同じ日ですね。こちらは、日中は東京駅の近くであーだこーだとやっていましたから、残念です。

「たいめいけん」、知っていますよ。行ったことは残念ながらありませんが。行きたい店の一つです。

さきほど、そちらのブログにもおじゃましてきました。
ご好意に甘えて、URLを残してきました (^^)

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年2月 2日 (金) 10時46分

コメントありがとうございました。
内容に関係なく「伊勢屋主人です。三重っていいところだよー」だけのコメントを残されても全然構わないので、これからも宣伝がてら遊びに来てくださいね!

投稿: イオリ | 2007年2月 2日 (金) 22時18分

イオリ様、伊勢屋主人です。

暖かいお言葉、ありがとうございます。
ではお言葉に甘えまして、ちょくちょく伺います。
あ、このブログのトップにリンクをセットさせていただきましたよ~ (^^)

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年2月 3日 (土) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5168481

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢屋主人のセンティメンタル・ジャーニー ~ 銀座編:

« 歴史から消された史実 | トップページ | 伊勢屋主人のセンティメンタル・ジャーニー ~ 新宿編 »