« 土筆 | トップページ | こんち午の日 »

2007年2月28日 (水)

伊勢のそば

伊勢屋主人です。

伊勢の麺類といえば、言わずと知れた「伊勢うどん」ですよねえ。これ、このあたりでは常識!

一方、東京では、いや 江戸っ子の間では麺類といえば「そば」です。ええ、何といってもそば! これに尽きる!! (え、うるさいって?)
でも、そうなんですよぉ。江戸落語の枕に、「うどんは、風邪の時だけに食べるもの」というのがあるんです。あれは、確か『時そば』だったかな (+.+)?

でも関東をちょっと離れると、途端に「うどん圏」に入るんですよねえ。
愛知は、もう「うどん圏」ですよね。だって、名物「味噌煮込みうどん」ですから。静岡は、どうなんでしょう?

もとい、で。
はっきりいやあ、主人は「そば」好きです。いえね、麺類は洋の東西を問わずに好きなんですけど、特にそばが好き。
やっぱり、そば特有の香りとか歯触りなんかが、もう身についているのですね。
ところが、三重県はすでに「うどん圏」。というわけで、ついこの間まで「ここでは、美味しいそばは食べられない」と思い込んでいた主人でありましたが、ついにそんな主人の思い込みを覆してくれる、おそばに出会えたのです~♪

とは言っても、お店ではありません。
はっきり言って、そば屋さんなら美味しいそばを食べられるのは当たり前ではないですか。
私は、ごく普通にスーパーあたりで買うことが出来るおそばで、美味しいものに出会いたかったわけですよ。
で、このおそばが、その話題の主です。

Katosoba

こちらは、松阪の加藤製麺所さんが作られている「なま 五割生そば」です。
そば粉は、100%三重県産のものだそうで、もうこれだけで主人なんぞはふらふらと手を伸ばして買ってしまいました(笑) 
だって、産地が近い方が挽きたてで新鮮なように、思いませんか? ね、そうでしょ~!

肝心のお味ですが、いや 美味しかったですよぉ~。 
特に生麺だからでしょうか、おそば特有のあの香りがぶ~んと漂うのですね。もうそれだけで、「おおっ!」と主人は思ってしまいます。
そして、するするっと手繰ると、口の中にそばの香りが充満すると同時に、歯触りも適度な弾力性があるけれども決して固過ぎない、といういい感じのそばでした。
次回からは 指名買いだな、これは (^^)v

ちなみに、ここ加藤製麺所さんは松阪の会社ですから、当然「伊勢うどん」も作っていらっしゃる。こちらは地元産(笑)の、ウチの奥様がお買い上げになりました (^o^)

Katoudon

彼女曰く、「お店で食べる伊勢うどんみたいに、ほっくり柔らかね、美味しいよ」ということです。
ということは、正統派伊勢うどん、ということですね。
(いや、しっかり試食しましたけどね。はい、美味しかったです)

むむ、この加藤製麺所さんは、もしかしたら麺作りのエキスパートかもしれません。
だって、そばと伊勢うどんという、対極にある麺をそれぞれに、見事に作り上げられているのですから。

一度、お邪魔してみたいなぁと思っている、主人でございます <(_ _)>

【株式会社 加藤製麺所】
〒515-0025
三重県松阪市和屋町328-7
ホームページ:http://orion.coco-cool.com/

|

« 土筆 | トップページ | こんち午の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5520540

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢のそば:

« 土筆 | トップページ | こんち午の日 »