« さんま1袋30匹入りで、100円! | トップページ | そろそろ、あおさの時期です。 »

2007年1月17日 (水)

我が町内の新春凧揚げ大会 (^^)

伊勢屋主人です。

一月も半分以上過ぎ、正月特有のおめでた気分もどこかへ失せてしまいました。

実は、正月の駘蕩とした時間の流れは、大好きな主人であります。
いやいや、朝からお酒が飲めるとか、一日だらだらしていてもいいから、という訳ではないのですよ(汗)
一年に一度、日本人に戻るという、そんな雰囲気がどこか正月にはありませんか?
ですので、実は正月三が日はデパートもスーパーもコンビニも、お休みになって欲しい、と密かに考えている主人であります。だって、お店がやっていると、どうも正月気分が出ないでしょ。
確かにお正月にお店が開いていると、助かるんですけどね (^^; おせち料理を用意しなくてもいいし、もし年末に買い忘れたものがあっても、なんとかなるし。
でも、この便利さと引き換えに失っているものも多い、と思うのですよ。

さて、話題を変えて。
そろそろ、正月行事もネタが尽きた感がありますが、我が町内では先週の日曜日に、新春凧揚げ大会なるものが催されました。
この行事は、町の商工会青年部の方々が始められたとのことで、例年たたみ2畳ほどの大きさの凧を多数揚げます。数年前には、4畳ほどの大きさのものも揚げていましたっけ。
ま、この大きさになりますと、地上から離すのも一苦労のようですが。。。

この日は、主人宅の子供たちもお手製の凧を持って、強い風の中を会場に向かいました。

07kite01

主人一家が会場の到着すると、すでにかなりの数の凧が、空に!
見ると、一時期のように西洋凧(ゲイラカイトってありましたね)ばかり、という様子ではありません。かなりの数、角凧などが揚がっていました。
中には、「キティちゃん」をかたどった凧も。お手製かな?

でも、主人が慣れ親しんだ「奴凧」は、なぜか一つも揚がっていませんでした。やっぱり、あれは東京のものなのかな?

広い会場(ただの空き地)ですが、屋台や朝とれ野菜の売店、さらに凧揚げに興じる人々で、かなり混雑しております。

07kite02_1

そんな中、この大会の主催者である「北野凧の会」が揚げる大凧も、いくつか揚がっておりました。
今年の大凧は、地域の小学生と「北野凧の会」の共同制作だそうで、それぞれの凧に子供たちが思い思いの願いを込めた図案を描き、それを大きな角凧に仕上げました。

ほ~ら、こちらも揚がって行きますね~。

07kite03

風もちょうど良く、大凧は気持ちよさそうに大空に高く揚がっています。

でも、油断は禁物! どんなに大空高く揚がっている凧でも、一瞬でバランスを崩して落下することがあるのです。
対処が早いと、また空を目指して揚がっていきますが、きりもみのパニック状態になったら もう落ちるだけ (>_<)
何やら、人生模様にも似ているみたい。。。やはり、凧も人生も不断の維持努力が肝要、ということのようです。
(上の画像の、左上の赤い凧は、主人宅の子供たちが揚げていたものです - 笑)

07kite04

で。
こちらは、今回主人が一番のお気に入りの凧!
だるまをかたどった、江戸凧です。
よっぽどバランスがいいのでしょう、尾を付けなくてもびゅんびゅん揚がっていきました。
さらに「うなり」が付けられていて、ぶーんぶーんと風を切る音が、なんともいなせ!
いやあ、いいものを拝見いたしました。

今年は、この凧のように安定して少しずつでも揚がっていきたいと願う、主人であります。

|

« さんま1袋30匹入りで、100円! | トップページ | そろそろ、あおさの時期です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/4966417

この記事へのトラックバック一覧です: 我が町内の新春凧揚げ大会 (^^):

« さんま1袋30匹入りで、100円! | トップページ | そろそろ、あおさの時期です。 »