« 『三重の食 腕自慢商品』発表会 | トップページ | 土身樹のデコタン、出荷間近! »

2006年11月20日 (月)

かっこいい、ニワトリ

伊勢屋主人です。

さてさて、先日の激走2000キロの疲れもほぼ癒えて(全快と言えないのが、ちょっと寂しい)、今日も仕事に励んでおります (^^)

本日は、伊勢市二見町で飼育されている「二見地鶏(ふたみじどり)」という鶏を拝見してきました。

二見地鶏は、軍鶏(しゃも)を基本に、三重の銘柄鶏である「伊勢赤どり」と「名古屋コーチン」とをかけ合わせた地鶏です。
これって、美味しいに違いない、と私などは思ってしまいます (^^)
だって、軍鶏と言えばぷりぷりしたお肉に旨味がぎっしり入っている、と聞いています。残念ながら、まだいただいたことがありませんけど。。。
さらに、名古屋コーチンと伊勢赤どりをかけ合わせた、と聞けば、適度に脂が乗ったジューシーなお肉、という雰囲気ではありませんか。

というわけで、もともと鶏肉が大好きな私は、どんな鶏か興味津々で鶏舎をたずねたのでした。

Jidori

こちらが、その二見地鶏の雄です。
なんか、すっごくカッコイイ!(ちょっと、ミーハー - 笑)
でも、足が長くて、しかも腿が引き締まっていて、いい造形をしているではありませんか。
体に無駄な線がないんです。こういうのって、かっこいいですよね。
なぜか、農家の庭先で飼われている鶏、という風景を思い浮かべてしまいました。

さらに、この鶏は人懐っこいんです。
画像を見ておわかりになると思いますが、ケージに入れられて飼われているのではなく、ゆったりとした面積の鶏舎の中で平飼いにされているのです。
こんな中に見知らぬ人間が入っていくと、おびえて大騒ぎになるのでは、と思っていたのですが、別に騒ぐでもなく興味深げにこちらを観察しています。
しばらく、動かないでいると「コッ、コッ」と言いながら、私の足元まで寄ってきて、エサをついばんでくれます。
か、かわいい~!

この鶏の肉は、平飼いで適度な運動をしているので、弾力性があってとても美味しいのだそうです。
さらには、出荷まで約100日と、ブロイラーの2倍の期間をかけて育てているので、身がしまっているとともに余分な脂もない、というお話でした。

食いしん坊の私は、そんなことを聞くとついつい、その美味しいお肉を味わってみたくなるのですが、この可愛い様を見てしまうと、ちょっと.....と、ひるんでしまいましたよ(笑)

|

« 『三重の食 腕自慢商品』発表会 | トップページ | 土身樹のデコタン、出荷間近! »

コメント

このニワトリさん、食べてみたいデス。。。
(^_^)v

投稿: yamashita | 2007年2月 1日 (木) 17時24分

yamashita様、いらっしゃいませ! 伊勢屋主人です。
ご希望でしたら、お取り寄せしましょうか?(笑)

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年2月 1日 (木) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/4257919

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいい、ニワトリ:

« 『三重の食 腕自慢商品』発表会 | トップページ | 土身樹のデコタン、出荷間近! »