« もう一つの絵本原画展 | トップページ | 地域を盛り上げる、ちからの素 »

2006年10月16日 (月)

フレンチの達人の「仕掛け」

伊勢屋主人です。

このところ、爽やかな秋晴れが続いている、三重県中部でございます。みなさまお住まいの地域は、いかがでしょうか。

昨日今日と、各地でお祭りが多く開催されています。これは、その年の実りを寿ぐ神嘗祭(かんなめさい)に因んでいるのでしょうね。
私が住んでいる地域はローカルですから、いまでも町ぐるみの娯楽としての「町内運動会」が行われています。これは、町内の地区対抗での競技が多いので、けっこう盛り上がるのです(笑)

さてさて、話を元に戻して、と (^^;;
今回の主人日記は、こちらも神嘗祭にちなんで、食べ物のお話を。

三重県伊勢市に「ぼうがいっぽん」という、ちょっと変わった名前のレストランがあります。
こちらは、オーナーシェフの山下さんが営んでおられるのですが、この山下さんがただものではありません(笑)

山下さんは、日本エスコフィエ協会のディシプル=正会員でいらっしゃいます。
エスコフィエ協会は、フランス料理の普及と発展を目的として結成された団体で、本部はフランスにあり(当然ですね)、日本では1971年に発足しました。
そもそも、入会することすら難しいエスコフィエ協会。さらに、入会して5年間はアミ(会友)という見習い期間を課せられる、厳しい審査があります。この期間を経たのちにはじめて正会員であるディシプルとなれるのです。
この団体の正会員である、ということは、ということは、フレンチのシェフとして世界に通用する技能と経験の持ち主である、ということにほかなりません。

そんなフレンチの達人のお店に、先日遊びに行きましたおり、山下さんにパンをいただきました。
パンの中に、オレンジピールを入れて焼き上げたこのパン、山下さんの奥様がとあるところで召し上がってとても美味しかったので、その感激をもう一度 と、山下さんが作ってみたのだとのこと。
「ま、ちょっと食べてみて」という感じでいただきましたこの品、パン好き(食べ物なんでも好き というのが正しいか - 汗)の私ですので、ポンポンと拍手を打って、ありがたく頂戴してまいりましたよ。

せっかくの山下さん特製パン、大事に抱えて帰宅いたしますと、こういうのに目ざとい娘が当家にはひとりふたりと居ります (>_<)
「なに、それ?」というなり、取り囲まれてしまったのでごまかすこともできず(← では、ごまかすつもりだったのか?)、早速その場で試食会のはじまり はじまり~~~!

Bowpan

さくさくとスライスして、まずはそのままパクリ! ふむふむ、ふむふむ。。。
うん、まあまあ。パン生地も柔らかく、香りも良い。オレンジピールも、香りが立っている。
拙宅の批評家娘たちも、「おいしいね」の一言。

それって、ちょっとそっけなくないか!?

「残ったの、どうする?」と長女。妙なところが手早いこの娘は、すでに1個まるまるをスライス済(画像は、撮影用に半分だけスライスした時点のものです)。
内心、全部スライスしなくてもよかったのに~、と私は思いながら、「じゃあ、あとはトーストしてみよ」と軽いノリで言いました。
(この時点では、このパンがただものではないことを、まったくわかっていなかった私+娘達でございます - すみません、山下さん!)

「オレンジピールが入っているから、カリカリにしないで。色も変わらない程度に、軽く焼いて」
「らじゃ」
とオーブントースターにパンを放り込み、3~40秒ほどで取り出し、娘は持ってまいりました。

「それじゃ、いただこう」と皆でテーブルに座って一口、またパクリ。・・・。
「え"・・・?」

娘達を見ると、同様に「ハトに豆鉄砲」顔。

「何これ、、、!」 「美味しい!!」 「さっきと全然違う!!!」

いやいや、驚きました! このパン、トーストするのとしないのでは、全く味が違うのですよ~!
トーストする前のパンは、正直それほど特徴のないものだったのですが、軽くトーストしたそれは、小麦粉の香りと味がさらに強く感じられ、いままで感じなかった軽い塩味も出ています。
さらにオレンジピールも濃厚な甘みが出ていて、それがパン生地の塩味と絶妙にマッチ!
なんでこんなに味が変わるの~? 山下さん!!
それからは、食べる速度が速い、速い(笑) あっという間にトーストされたパンは、完食!

いやいや、達人をなめちゃいけません。山下さんのことですから、しっかりと仕掛けがあったのですねえ。
ものごとの評価は、きちんと全ての面から見た上でしなければいけない、としみじみ思った私でした(汗...)

ところで、このパンは売られていないのです。「ぼうがいっぽん」で食事をしないと、食べられない。それって、残念すぎる! 
あと、「ぼうがいっぽん」には いかすみのパン という、これも麻薬的美味しさのパンもあり、こちらも食べたい私であります (^^;;

山下さん、この美味しすぎるパン、ぜひ売りましょうよ~。私、常連さんになってしまいますから~。
え、毎晩ウチに料理を食べにおいでよ? いやぁ、さすがにそれは、ムリ! m(_ _)m

【西洋家庭料理 ぼうがいっぽん】
三重県伊勢市中之町20-143
でんわ:0596-28-2724
ホームページ:http://www.bou-1.com/

|

« もう一つの絵本原画展 | トップページ | 地域を盛り上げる、ちからの素 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/3823309

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチの達人の「仕掛け」:

« もう一つの絵本原画展 | トップページ | 地域を盛り上げる、ちからの素 »