« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | フレンチの達人の「仕掛け」 »

2006年10月14日 (土)

もう一つの絵本原画展

伊勢屋主人です。

前回は「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を、四日市市立博物館に見に出かけたお話をいたしました。でも今回、四日市市立博物館を訊ねた目的は、これだけではなかったのです!

こちらはすでに終了してしまいましたが、『もりのちいさなはいしゃさん』という絵本の原画展も、同時に行われていたのです。
常に効率を追い求める私ですから、一粒で二度美味しいこの機会を見逃すはずがありません(笑)。
「ボローニャ国際絵本原画展」を見た後、いそいそとこちらも拝見しにまいりました。

Moridoc1

この『もりのちいさなはいしゃさん』という絵本は、四日市市の山画廊さんが発行された絵本で、お話しは桑名市在住の上平川侑里(かみひらかわ ゆり)さんが、絵は鈴鹿市出身の服部美法(はっとり みほ)さんが創られたものです。
興味深いのは、お二人が山画廊さんを介して知り合い、この絵本を創り上げられた、という点です。
そもそもは、山画廊さんが或る歯医者さんより、歯の治療をいやがる子供たちが歯の治療に興味をもってもらえる絵本が出来ないか、という相談を受けたのが始まり、なのだそうです。
山画廊さんでは、以前より同画廊で個展を開催した実績があり、子供たちから大人までファンの多い服部さんに絵を、そしてつぶやくような(!)詩や文章を書いておられた上平川さんに文を依頼して、この絵本が誕生したわけです。服部さん、上平川さんにとって、この作品は初めての絵本製作になりました。

Moridoc7

ストーリーは、森の中のねずみの歯医者さんを舞台に、歯医者ねずみさんと虫歯が痛くて困った患者ワニくんが、歯の治療を通していつしか友情が芽生える、というハートウォーミングなお話。
ワニくんが歯医者さんを怖いものだから、歯を診察されたときにほんの少し痛くされただけで怒って帰ってしまったり、患者さんが来なくてヒマな歯医者ねずみさんが、歯痛のワニくんを心配したりと、情感l細やかな内容です。
絵も、登場する歯医者ねずみさんや患者ワニくん、森の中の木々や葉っぱの一枚一枚まで丁寧に描き込まれていて、その細密さには驚くばかりです。どの作品も、型に合わせて水彩絵具を塗り重ねた、ステンシルという技法で描かれています。

Moridoc3

当日、幸運にも作画をされた服部さんにお目にかかり、お話を伺うことができました。
今回の作品を描かれるに当って、服部さんが心がけられたのは「子供向けの絵本であるからこそ、うそのない本物の絵を描こう」ということであったそうです。
ですので、ねずみの歯医者さんを描くために、実際にねずみを飼って観察を重ねたり、ワニくんはさすがに飼うことが出来ないので、名古屋の東山動物園に通いつめてその特徴やしぐさを把握したり、四季の林を散策して木々や葉の様子を見つめたりといった日々を重ねられた、とのこと。
この素晴らしい作品が形になったかげには、そのような地道な努力があったのですね。服部さんの探究心の深さと努力を継続される意志の強さには、正直脱帽いたしました。

そして、一年半という長い時間をかけて、この『もりのちいさなはいしゃさん』は出来上がったのです。

Moridoc4

当日は、すべてのお客さまが、このように一点一点の原画をじっくりとご覧になっておられました。
前にもお話いたしました通り、原画は隅々まで丁寧に描き込まれていますので、自然と絵に見入ってしまうのです。当然、私もそうでした (^^)
おそらく、今回こちらの原画展を鑑賞された方々は、深い満足感とあたたかな気持ちをお持ちになってお帰りになられたもの、と私は拝察しています。
ええ、当然私もその一人でありました (^^)

うれしいことに、『もりのちいさなはいしゃさん』第2集が、来年4月に出版予定となっています。
今回育まれた歯医者ねずみさんと患者ワニくんの友情が、第2集でどのように展開されていくのか、今からとても気になっています。

この『もりのちいさなはいしゃさん』 第1集は、山画廊さんのホームページから購入できます。
興味を持たれた方は、こちらもご覧になってみてください。

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/yamagarou/ehon-04.htm

|

« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | フレンチの達人の「仕掛け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/3802751

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの絵本原画展:

« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | フレンチの達人の「仕掛け」 »