« 一身田 ぶらぶら散歩 | トップページ | 十五夜 »

2006年10月 3日 (火)

新刊書のご紹介

伊勢屋主人です。
本日は、少しプライベートなお話を(^^)

このブログをご覧になっていらっしゃる方は、「イオリ」というお名前にご記憶があるか、と思います。
そうです、この「電網伊勢屋主人日記」によくコメントをいただいている、イオリさんです。

実は、イオリさんは「飯高イオリ」さんとおっしゃり、主人の古くからの友人であり、二人の男の子の良き母であり、そして作家でもあるのです。
その飯高イオリさんが、このたび新刊を発表されました。「碧色の悲壮」というタイトルで、中編2作を掲載されています。

内容をちょっとご紹介すると、「碧色の悲壮」はドラマティックで少し悲しい恋の物語、「クラス会」はもしかしたら隣にいるかもしれない普通の女の子の、普通でないリベンジのお話です。

主人は思うのですが、主婦の方が家事をこなしながら「商品となる文章」を創り上げるというのは、大変な努力とパワーが必要なことです。
これは主婦の方には限らないことですが、ひとはどうしても日常に流されがちです。
その日常の中にあって、日々のなすべきことをこなしながら、非日常な作業として「文章を綴っていく」ということをなさっている飯高さんは、とても意志力の強い方と、常々主人は思っております。
主人も、ある意味では文章を作ることを仕事としている身。その大変さと、一方での楽しさはよくわかるつもりであります。

おりしも、読書の秋。
e-伊勢屋に縁あって、このブログに目を通していただいている方々に、同じくe-伊勢屋に縁ある作家の作品をお読みいただければなあ、と願っている主人であります。

Iori1

【碧色の悲壮】
飯高イオリ 著
株式会社 日本文学館 発行

|

« 一身田 ぶらぶら散歩 | トップページ | 十五夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5165298

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊書のご紹介:

« 一身田 ぶらぶら散歩 | トップページ | 十五夜 »