« 『鈴鹿川』利き酒モニターのレポート、第5弾が届きました!  | トップページ | game is over... »

2006年8月30日 (水)

只今、稲刈り真っ最中!

伊勢屋主人です。

本日は、8月30日です。今月も、残すところ明日一日ですね。
もう、夏休みも終り。子供たちも、そろそろ学校モードに切り替えなくてはなりません。
そうは言いながら、かつての自分を振り返ると、小学校時代のこの時期は、宿題の追い込みでねじり鉢巻モードでした(笑)。
一方、拙宅の子供たちはおとといくらいに宿題をやり遂げて、すでに涼しい顔。もしかしたら、当時の主人よりも上等かも (>_<)
でも、喉元過ぎれば 熱さを忘れる ということわざ通り、学校が始まったら、宿題やらなんやら、またバタバタ大騒ぎするんだろうな。。。

さてさて。
先週末ころから、ここ三重県中部では稲刈りが始まりました。前にもちょっと書きましたが、今年は例年より一週間ほど稲刈りの開始が遅くなっているとのことです。

最近は、農地の基盤整備といって、農地の所有者間でそれぞれの所有地を交換するなどの調整をして、効率的な農業経営が可能にする動き が進み、その結果広くなったあちこちの田んぼでコンバインが大活躍しています。
これ、すごいんです! あっという間に、刈り取りが終っちゃう!
キャタピラーが着いているので、泥田でも平気で入っていき、先端の大きな挟みでじょきじょき稲を根元から刈ってしまいます。しかも、コンバインの中で脱穀して、待ち構えているトラックにもみだけを受け渡してしまいますので、すっごく効率が良いのでしょうね。
昔の、人が鎌でのんびり刈っている時代が脳裏に残っている主人としては、あまりのあっけなさに物足りなさを感じてしまうほどです (^^;

この刈り取り作業を見ていて面白いのは、コンバインが田んぼに入るとすぐに、その田んぼにシラサギやらカラスやらが集まってくるのです。コンバインが刈り取りをすることで落ちてくる虫や、キャタピラーでかき混ぜられた田んぼから出てくるみみずなどを狙っているのでしょうか。
理由は定かではありませんが、それはまあ驚くほど目ざとく集まってきます(笑)。彼等から見ると、コンバインは餌をばらまいてくれる、ありがたいものなんでしょうね。

Karisagi

コンバインとシラサギの距離を、見てください。人間が立っていたなら、ここまで近寄ることはないと思います。
こういう、機械と自然の共生のかたちもあるんですね。

思わずクスリと笑ってしまった、主人でした。

|

« 『鈴鹿川』利き酒モニターのレポート、第5弾が届きました!  | トップページ | game is over... »

コメント

春の田植え前の田起しの際にもサギが集まっていますよね。主に、コサギとアマサギですが...
写真ではよく分かりませんが、コサギですかね...!?
普段は近づけもしない鳥たちが、機械のすぐ後ろをついて歩いているのを見るのは確かに妙なものですね!

投稿: mga | 2007年2月 1日 (木) 16時43分

mga様、いらっしゃいませ。伊勢屋主人です。

そうですね、田起しの時も同じような光景を、見ることができます。
この画像に写っているのは、コサギです。でも、アマサギやカラスもあちこちで闊歩しております(笑)。
当然ながら、コンバインを止めて作業者がそれから降りると、鳥達はさぁーっと逃げていきます。
機械だと、なぜ平気なのでしょうかね。妙ですよね。いったい、彼らはどういう認識回路を持っているのでしょうか???
でも、それだけにこの光景はいつ見ても、主人には笑いを届けてくれます。

また、時々遊びにお越しください。お待ちしております m(_ _)m

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年2月 1日 (木) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5164583

この記事へのトラックバック一覧です: 只今、稲刈り真っ最中!:

« 『鈴鹿川』利き酒モニターのレポート、第5弾が届きました!  | トップページ | game is over... »