« 再生古民家訪問 - その参 | トップページ | 棚田を守る決意 »

2006年6月 1日 (木)

熊野 丸山千枚田

伊勢屋主人です。

今週は、三重県内を走り回っている主人です。ほんとうに、東西南北にと駆けずり回っている感じで、いやあ忙しい(汗)。

そんな外出続きですが、今週はずっと晴天続きで、気持ちが良いので助かります。天気だけで、仕事の気分もノリも違ってくる、単純な主人です(^^;
でも、この週末はまた雨なんですって。いろいろとやらなければならない、家の仕事もあるんですけど、そっちが滞りっぱなしなので、まずいなぁ。

さて、熊野市まで仕事で出かけた折、ふと主人の頭に浮かんだのが「丸山千枚田」です。山の斜面を切り開いて、棚田になっているのだそうですが、とても綺麗な景観なのだとか。
ここまで来ているのだから、寄っていこうということで、仕事が終った午後にちょっと足を伸ばしてみることにしました。
もちろん、これは仕事です! 三重県の風物をお知らせする、「電網伊勢屋 主人日記」のネタ集めなんですから! アリバイありです(笑)

三重県民歴が浅い主人ですので、有名な丸山千枚田もどこにあるかわからず、道路地図を眺めることしばし。「そんなに遠くないのね」と思ったのが、甘かった(-_-)

距離はそんなに遠くはないのですが、山の斜面を切り開いて作られた棚田ですから、当然山の中なんですね。そこに至るまで、かなりの山道で、途中からはすれ違いも徐行が必要なほど。
気持ちとしては、「かなり走ったなあ」と思った頃に、こんな眺めが!

Maruyama1_2

むむ、さすがにすごいですねぇ。
本当に、山に沿って上へ上へと、棚田が作られています。
この日は、ちょっと薄曇のせいもあったのでしょうが、主人には日本というよりは中国の風景のようなイメージに映りました。
遠くの山がかすんでいるのも、そんなイメージを強くしていたのかもしれません。
しかし、ひとのたゆまぬ努力ってすごいですね。そんなことを感じさせるパワーを、この千枚田は持っていました。

次回は、この千枚田に降りていってみましょう。

|

« 再生古民家訪問 - その参 | トップページ | 棚田を守る決意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5120902

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野 丸山千枚田:

« 再生古民家訪問 - その参 | トップページ | 棚田を守る決意 »