« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その参 | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 »

2006年6月14日 (水)

伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その伍

伊勢屋主人です。

今回は、「どんでん」の最後を飾る、ご用材を宮川堤下まで滑り落とすところです。
前回の最後の画像では、木橇を上下に揺する最後の場面をお伝えしました。
このあとすぐに、「いくぞぉ!」という声がかかり、橇に乗っていた若衆がさぁっと飛び降りました。
(下手に乗っかっていたら、振り落とされるか、橇の下敷きになって大怪我ですね。。。)

Otoshi1

さあ、いよいよ橇が堤の斜面を下り始めました。当然まだゆっくりとした速度ですが、曳き手の方々の緊張はびんびんと伝わってきます。
この段階で、きちんと滑り降りる方向を決めておかないと、大事故になりかねないですから。
しかも、毎年行っている行事ではなく、20年ぶりなので、慎重にも慎重を期さないと大変なことになります。

Otoshi2

この時は、主人の前 1.5mくらいのところを下っていきました。
もうこの頃には、曳き手の方々が掛け合う声も、橇が下るにつれて大きくなる橇と地面がこすれあう音や木橇のきしみ音にかき消されています。
橇の後ろを見てください。橇が押し分けた土が盛り上がりながら、軌跡になっています。

Otoshi3
Otoshi4

主人の目の前を、木橇はあっという間に過ぎ去り、すごい振動と音を残していきました。
振り返ると、すでに行程の2/3は滑り下りた状態です。
上の画像は、この「どんでん」のために仮設されたスロープ上を橇が滑っていくところです。このスロープには、万一木橇が横にそれたとしてもまっすぐ民家に突っ込まないように、ガードが施してあります。

Otoshi5

はい、木橇は無事下の道路に下りました。
アスファルト面に橇が乗ったとたん、「ドーン」というすごい振動が響くとともに、土煙がまだ滑り続けている木橇を追ってまきたちます。
でも、道路に下りたから、といって気は抜けません。この時点でも、当然ながらものすごいスピードで橇は動いているので、ここから方向が横にそれたら、沿道の見物人をなぎ倒していくことになってしまいます。

Otoshi6

突然、主人の後ろから「右に引けー!」という鋭い声が上がりました。
「左にそれるぞ、引けー!」
確かに木橇は、その頭を左に向けています!
見ている皆が、ハッとした瞬間でした。
しかし、このあと少しずつ橇のスピードは落ち始め、やや左に向いたもののなんとか無事に止まりました。よかったぁ~(^^)
「ちょっとそれたなあ」「まあ、いいだろう」「まあまあだなあ」、安堵の声が周囲から沸きあがりました。
こうして、緊張の「どんでん」は無事に終了したのでした。

Otoshi7

「どんでん」を終えたご用材は、このようにお木曳車に乗せられ、伊勢神宮までの練り歩きの準備を施されます。この作業だけでも、たっぷり3~4時間かかっていたようです。スローな時間が流れていきます。
なぜそんなに時間がかかるのかは、次回わかっていただけると思います。

次回は、ご用材を乗せたお木曳車が伊勢の街中を練り歩く、「お木曳き」の本番の様子をお伝えします。

|

« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その参 | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 »

コメント

もっと山の中だと思っていたら住宅地じゃないですかー!これは危ない!しかし、バランスよくしっかりと持ち合っていたら大丈夫なものなんですね。(感心感心)20年前はこのように住宅もなく、広い場所だったのかな?無事に終わってよかったです。ご主人、撮影ご苦労さまでした。

投稿: イオリ | 2007年1月29日 (月) 12時19分

イオリ様、いらっしゃいませ。伊勢屋主人です。
宮川堤は桜の名所ですし、夏には花火大会が催されるなど、伊勢市民の憩いの場なのです。
川のすぐそばまで家が立ち並んでいるので、2002年の大雨で宮川の堤防が決壊した折には、多くの家が床上浸水の被害に遭いました。
こんなところで、こんな過激なお祭を行うなんて、伊勢っ子も度胸あるなぁ、って感心していた主人であります(^^)

さて、このお木曳きシリーズの最後には、楽しい写真をお届けしますので、それも楽しみにしていてくださいね。

投稿: 伊勢屋主人 | 2007年1月29日 (月) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5121689

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その伍:

« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その参 | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 »