« 斎王まつり | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その壱 »

2006年6月 6日 (火)

斎宮のハナショウブ

伊勢屋主人です。

先日の「斎王まつり」のあと、まつりの会場から少し足を伸ばして、「斎宮のハナショウブ群落」を見てきました。

この時期、ハナショウブはすでに花が盛りを過ぎていますが、ここのハナショウブはこれから咲き始めるところで、まだぽつぽつとしか咲いていません。
それと、見慣れたハナショウブよりも、花の紫色が濃いように思います。

実は、このハナショウブは、正確には「ノハナショウブ」という品種で、現在栽培されているハナショウブの原種にあたるものです。ですので、花が咲く時期や色味も違うのでしょうね。

ノハナショウブは高原などの湖沼に群生することが多く、ここのように平野に群生している例は珍しいとのことで、昭和11年に国の天然記念物に指定されています。

地元では「どんど花」と呼ばれてるこのハナショウブ、古代にはこのあたり一面に群生していたことが確認されています。かつての斎王も、この花を愛でたことでしょう。そう思うと、この花も王朝ロマンにつながるものがありますね。

ここの群生地の特徴として、ノカンゾウ(ニッコウキスゲ)などと混生している点も、天然記念物に指定された理由になっている、ということなので、少し日をおいて、もう一度この紫の花が真っ盛りの様子を撮影に行こう、と主人は考えています。
そのときは、おそらくこの紫の花と目に鮮やかな黄色の花の共演が見られることでしょう。

その様子も、またお伝えしますね。お楽しみに。

Syohbu

|

« 斎王まつり | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その壱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5120960

この記事へのトラックバック一覧です: 斎宮のハナショウブ:

« 斎王まつり | トップページ | 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その壱 »