« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 | トップページ | 伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 『夏まちまつり』 »

2006年6月18日 (日)

伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その七

伊勢屋主人です。

今回は、このお木曳き行事の中で出会った、ちょっといい表情をご紹介します。
まずは、宮川堤上で出会った、木遣連の青年です。
堤上でご用材を招く木遣を唄っていました。
いい場所で唄っている人は、やはり上手な人なのでしょうか。この人も、良い声でした。
金地に日の丸の扇子が、またいなせな感じ!

Topikiyariboy2

お木曳きには、ほんとうにいろいろな人たちが参加していました。
子供たちも、それぞれの持ち場で、がんばっている姿を多く見かけました。
この男の子は、ご用材を載せた木橇を曳くときの景気付けのほら貝を、元気良く吹いていました。
ほら貝って、吹くのが難しいのではないでしょうか? すごいなあ、と感心した主人でした。

Topihoragaiboy

ほっぺたがぱんぱんに張っていて、がんばっている様子がよくわかるでしょう。
ねじり鉢巻と、首から下げたお守りが、また粋ですね(笑)。

こちらは、お木曳きに参加していたお嬢さん。見るから楽しそうに、行事に参加していました。
でも、ちょっと手に力が入っていないかな(^^)

Topigirl

この女性の方は、お木曳車の前でさっそうと木遣を唄っていました。
いや、なんともかっこいい! びしっと、決まっていますね。
ちょっと、ベルバラっぽいかな? (ベルバラ、って今でも通じるのかな・・・)

Topikiyarilady

お木曳車が通る沿道で見かけた、子供たちです。
男の子 「木遣の振り付け、わからないよぉ」
女の子 「こうよぉ、ほらぁ!やってみせるから、見てて」
男の子 「よけいわからなくなっちゃったよぉ・・・」 (笑)

Topilittlelady1

「みんな、かっこいいなあ。あたしも、次のお木曳きには木遣を唄うんだからね!」

Topilittlelady2

いろいろな表情に会えて、本当に楽しむことができました。
みなさん、ありがとう!

|

« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 | トップページ | 伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 『夏まちまつり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5121795

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その七:

« 伊勢神宮式年遷宮 お木曳き行事 - その六 | トップページ | 伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 『夏まちまつり』 »