« 初夏の海の異変 | トップページ | 再生古民家訪問 - その壱 »

2006年5月25日 (木)

りずむ

伊勢屋主人です。

今日の三重県は昨日に続き、快晴でした。
天気予報のとおり、からりと爽やかな陽気で、陽射しの下を歩くのが気持ちよかったです。
やっぱり五月はこうでなくっちゃ、と思ったのもつかのま、明日からはやはり下り坂だそうです(;-_-)

今日は、ちょっと変わったものをご紹介します。近くの里山を歩いていて、目にしました。
主人は初めて気がついたのですが、羊歯(しだ)の若葉なのです。

この若葉たちは、すーっとまっすぐに伸びていきます。

伸びてきたそれは、ぱかっとふたつに割れて、くるくるくるっと分かれて伸びていきます。

ふたつに分かれた途中には、たくさんのお団子がついていて、それがまた左右にするすると葉っぱになって伸びていきます。

羊歯って、こんな成長の仕方をするのですね。初めて知りました。
元気に伸びているこの子たちを見ていると、なぜか「りずむ」を感じるのです。

すくすくとまっすぐに伸びる「りずむ」、
真ん中からふたつに割れて、くるくるっとぜんまいを伸ばしていく「りずむ」、
すっすっと葉を伸ばしていく「りずむ」・・・。

ものが成長するときには、穏やかな「りずむ」が漂うのですね。
新しい発見をした主人でした。

Rhythm

|

« 初夏の海の異変 | トップページ | 再生古民家訪問 - その壱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5047017

この記事へのトラックバック一覧です: りずむ:

« 初夏の海の異変 | トップページ | 再生古民家訪問 - その壱 »