« 小俣町湯田のポピー | トップページ | 初夏の海の異変 »

2006年5月23日 (火)

海は夏

伊勢屋主人です。

今日の三重県は、朝からどんよりと曇って、午前中から早々に雨が降り出しました。五月というのに晴れの日が少なく、困ったものです。

この日照不足が野菜の生育にも影響が出始めているそうで、築地の中央卸売市場ではキュウリやキャベツが徐々に高値になり始めているそうです。
また、冷害などにならなければよいのですが。。。

不吉なことがほんとうにならないように、今日は明るい話題を(笑)。
一昨日の日曜日、主人は南伊勢町にいたのですが(21日の「南伊勢町 ふれあい市」をご覧ください)、南伊勢町恒例のふれあい市で買い物をしたあと、海を見に行きました。
ふれあい市が行われている町民文化会館から五ヶ所湾までは、300mほどなんです。それこそ、歩いても数分の距離です。

Gokasyobay

ちょうど潮が満ちてきている時刻で、堤防のすぐ下まで海が迫ってきていました。
いつ来ても思うのですが、この五ヶ所湾の表情は穏やかで、波の行き交いがとてもゆったりしているのです。
こんな海を見ていると、つい足を浸けたくなってしまい、靴を脱いで裸足で水辺を歩いていた主人でした。

ふと見ると、クラゲが浮かんでいたり、足元をヤドカリが走ったり、はたまた何かわからないのですが3mmほどの稚魚が寄ってきたりと、豊かな海の表情を垣間見ました。

そして気がついたのは、なによりも、もう海の水が温かいのです。
どうでしょうか、正確にはわかりませんが20度以上はあるのではないでしょうか。冷たいという感じはなく、爽やかで気持ち良いのです。
海には、もう夏が一足早く来ているのですね。

なんとなく、心浮き立つ五ヶ所湾でした。

|

« 小俣町湯田のポピー | トップページ | 初夏の海の異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5046810

この記事へのトラックバック一覧です: 海は夏:

« 小俣町湯田のポピー | トップページ | 初夏の海の異変 »