« 30年前の音 | トップページ | 御座訪問記 - その弐 »

2006年5月12日 (金)

御座訪問記 - その壱

伊勢屋主人です。

連休明け以降の三重県は、いまひとつ天候不順です。からっと晴れ上がった日はほとんどなく、曇っていたり細かい雨が降っていたり。
もう、梅雨入りなの? って思わず思ってしまうような毎日です。
こういうときは、主人としても困るんです。このブログは、公開の時に必ず写真を付ける、と勝手に決めています(笑)ので、その撮影がなかなかできなくて。。。

それでも、そんな雨の中、志摩市の御座漁港におじゃましてきました。
今、志摩ではあわび、さざえの漁が最盛期を迎えています。解禁は4月からだったのですが、天候の加減で4月はあまり漁獲がなく、この連休明けから本格的な漁となっているそうです。

まずは、御座漁港の様子から。ね、曇っていてどんよりとしているでしょう。
志摩の海ですから、晴れていたらさぞきれいな海なんでしょうけど。

Goza

正面奥の右手に、灰色の建物が見えますね。屋根の上に4つ、さらに屋根のようなものが乗っている建物です。
ちょっと小さくてわかりづらいかもしれませんが、こちらが海女小屋なんです。ご存知の方も多いと思いますが、一日の漁を終えた海女さんたちが、体を暖めたり疲れを癒す場所です。
当然ながら、男子禁制だそうです(>_<)

でも、いまもこうした施設があり、海女さんたちによる漁が続けられているというのは、ものすごいことと思いませんか? 少なくとも、主人はそう思います。

明日は、市場の中をご案内しますね。お楽しみに!

|

« 30年前の音 | トップページ | 御座訪問記 - その弐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5043784

この記事へのトラックバック一覧です: 御座訪問記 - その壱:

« 30年前の音 | トップページ | 御座訪問記 - その弐 »