« 御座訪問記 - その壱 | トップページ | 麦の穂 »

2006年5月13日 (土)

御座訪問記 - その弐

伊勢屋主人です。

今日は、御座訪問記の二回目です。お約束通り、市場の中をご案内します。
実は、主人もはじめて知ったのですが、さざえやあわびが市場に入荷するのは、朝ではないのです。
だいたい午後3時頃から、その日の水揚げが入荷し始め、市場がにぎわい始めるのです。

まあ、考えてみれば、海女さんたちも明るい日の光の下で潜らないと、どこにさざえやあわびがいるのかわからないでしょうから、朝から漁をされて午後少し経ってそれを市場に持ち込み、出荷されていくというサイクルなんでしょうね。

Gozamkt

上の画像では、みなさんが持ち込んださざえが、手前のかごの中に入っています。
中をのぞきこんでみると、大人の拳骨くらいの大きさのさざえがいっぱい! 
近頃、こんな大きなさざえは、滅多にお目にかかれません。
しかも、それが蓋を開けて動いたりしているのですから、もう面白くてたまりません(^o^)

昨日もお話しましたが、今年はなかなか漁に出られなくて、さざえもあわびも水揚げが少なかったのですが、そのことが今の大きなサイズの水揚げにつながっているのでしょうか?

Sazae

市場の方に、さざえのつぼ焼きのコツを聞きましたら、「な~んにもしなくていいよ」とのこと (えっ?)
蓋だけ外して、あとは炭火などの上に置いておけば、美味しいつぼ焼きになるのだそうです。
だしは入れないの? と聞くと、入れるとさざえの味がわからなくなるよ、と笑われました。
志摩のさざえは、餌が良いので、身からでる旨味だけですごく美味しいのだそうです。
へえ~。。。主人も、まだまだ知らないことが多すぎます。。。反省!(-_-;

そして、あわび! ホラッ!
どうです? この大きさ。さしわたし25cmくらいはあるかなあ。
こんなの、刺身にして今晩の肴にしたら、幸せになれますね。あ、もちろん、お酒は「酒屋八兵衛」で(笑)

Awabi

いやあ、志摩の海の豊かさが実感できた、御座市場でした。
e-伊勢屋では、この志摩産の新鮮な魚介類を扱うことになりまして、ただいま準備を進めています。
もうしばらくしましたら、お知らせできると思います。

どうぞ、お楽しみに!

|

« 御座訪問記 - その壱 | トップページ | 麦の穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5043841

この記事へのトラックバック一覧です: 御座訪問記 - その弐:

« 御座訪問記 - その壱 | トップページ | 麦の穂 »