« 神領民の誇り | トップページ | 土実樹 (つみき) 訪問 - その壱 ~ デコタンの花を見に »

2006年4月13日 (木)

お木曳団・・・?

伊勢屋主人です。

日付が変わってしまったので、日時としては一昨日なのですが、実質は昨日の続きです(^^)

宮川堤でサクラを眺めたあと、主人は伊勢神宮の外宮に行きました。
ずいぶん久しぶりの伊勢神宮です。
ご存知の通り、伊勢神宮は内宮と外宮に分かれています。内宮が天照大神=太陽であるのに対し、外宮は豊受大御神=月であり、農業、産業の神様とされているようです。

最近の主人は、外宮の方がお気に入りです。というのも、観光客が比較的少ないからです。
太古の自然や弥生時代の高床式の風情を偲ばせてくれる伊勢神宮は、静かにその雰囲気を味わいたいと個人的には思うのです。
その点からすると、内宮は参道の雰囲気は抜群なんですけど、ちょっと人の数が多すぎる。。。
早朝なら、全然違うのでしょうね。
もう朝も早く明けるようになってきたので、一度早朝参りをやってみようって思っています。

さて、外宮では、これからお木曳きに行かれるのでしょうか、このような方々と出会いました。

Okibikidan

先頭ののぼりが勇ましいです。さらに、みなさんの揃いの半被も、いい感じでした。
何よりも、誇らしげな表情がとってもいいじゃないですか。これから「いくぞ!」って、気合が入っているし。
(でも、この画像からは、そこまで見えませんね。残念です)

このような行事が、日常生活の中に織り込まれているのは、日本の文化を継承する上でとても大事なことなのでしょうし、それが実際に行われているのは、今となってはさらに貴重なことなのでしょうね。

ざっざっ、と脇を歩いていくこの一団を、しばらく見送った主人でした。

|

« 神領民の誇り | トップページ | 土実樹 (つみき) 訪問 - その壱 ~ デコタンの花を見に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165002/5031440

この記事へのトラックバック一覧です: お木曳団・・・?:

« 神領民の誇り | トップページ | 土実樹 (つみき) 訪問 - その壱 ~ デコタンの花を見に »